新・貧打爆裂レポート『T200 アイアン』

新・貧打爆裂レポート『T200 アイアン』

お気に入り

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年8月30日に発売されたタイトリスト『T200 アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。

「プレーヤーズ ディスタンスアイアン」というコピーのアイアンの秘密を明らかにします。動画も含めて試打レポートします。

T200はタイトリストファンのためのアイアン

T200はタイトリストファンのためのアイアン

『T200 アイアン』は、タイトリストが2019年の8月30日に発売したクラブです。

『Tシリーズ』には、『T100』『T200』『T300』の3つのアイアンがあります。

もうアイアンの飛ばし合いはやめましょう、というコンセプトで、アイアンに本当に必要なものを突き詰めたのが『Tシリーズ』なのです。

日本のゴルファーには、まだ、あまり浸透はしていませんが、今回取り上げる『T200 アイアン』は、シリーズの中で中間のポジションのアイアンです。

『T200 アイアン』は、上級者やアスリートゴルファーを意識して作られています。

フェースの長さはやや短めの小顔ですし、トップエッジの形状やラインは、まさに、タイトリストのアイアンなのだと強調しているように見えるからです。

バックフェースは基本的にはキャビティバッグ形状ですが、実際には中空アイアンのような構造です。

フェースはソールの一部と一体化したはめ込みになっていて、内部のヒール側とトウ側の下部にはタングステンのウェイトが入っています(ロングアイアンとミドルアイアンのみ)。

『T200 アイアン』の最大の特徴は、ロングアイアンとミドルアイアンのバックフェースにある丸いウェイトのような部分です。

これはウェイトのように見えますが、実際は裏からフェースを押すような構造になっています。「マックスインパクト テクノロジー」と呼びます。

これはいわゆる「裏支え」なのだと思われます。

『T200 アイアン』は、2019年秋の時点で、最先端を詰め込んだアイアンです。

試打した『T200 アイアン』のシャフトは、「N.S.PRO MODUS3 TOUR 105」のSフレックスです。

ロフトは、7番アイアンで30度です。クラシックなロフトより1番手立っていますが、飛距離が優先ではないロフトです。

『T200 アイアン』には3つのシャフトが用意されていますが、スチール製はSフレックスのみで、カーボン製もかなりしっかりした「Titleist KUROKAGE 60」がワンフレックスであるだけなのです。

上級者とアスリートゴルファーがターゲットのアイアンである証拠だと考えて良いと思います。

パワーヒッターにオススメのアイアン!

動画を見てください。

『T200 アイアン』の「T」はタイトリストの略だと感じました。(実際に、「T」はタイトリストの略だそうです)

良くも悪くも構えた感じとかが、タイトリストのアイアンの特徴を強調しているからです。

コースで打ってみて、より強くそのように思いました。

最新のテクノロジーが搭載されているミドルアイアンは、ハードヒッターというか、ヘッドスピードが速いゴルファーに合わせてチューニングされている気がしました。

僕のヘッドスピードの40メートル/秒では、その機能をフルには体感できないのです。

飛距離はロフトより出ますが、8番のショートアイアンと7番のミドルアイアンの距離が大きく出てしまいました。

高機能のロングアイアンとミドルアイアンよりも、『T200 アイアン』を使っていて、ショートアイアンが良い結果になりました。距離が合わせやすく、ボールもよく止まります。

ミドルアイアンは飛距離性能がぐんと上がり、ロフトよりもかなり飛ぶイメージでした。問題なのはグリーン上で、ワンピンぐらい前に行ってしまうのです。

高さは出ているので、スピン量が足りないのだと感じました。

もちろん、この辺りはゴルファーによっては武器となるケースもありますが、個人的にはプラスには感じませんでした。

『T200 アイアン』は高弾道のアイアンです。タイトリストが好きで、ヘッドスピードが速いゴルファーにオススメです。

いわゆるツアーアイアンのようなキレを持っていますので、楽しめると思います。

上級者とか、アスリートゴルファーとかでなく、パワーがある若い初級者でも、基礎を蔑(ないがし)ろにせずに自分を鍛えてくれるアイアンとしてオススメしたいです。

『T200 アイアン』は、最新機能とタイトリストっぽい伝統が融合したアイアンです。

タイトリストには伝統的なアイアンのラインアップもありますが、『T200 アイアン』は最先端のテクノロジーでも業界をリードするのだというメーカーの意気込みを感じました。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。