パターのアームロック式って何?どんな打ち方?

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです。

アームロック式というパッティングの形を聞いたことがあるでしょうか。文字通り腕にパターのグリップを固定して打つパッティングです。

アンカリング規制が施行されてから中尺パターが眠っているという方もいるかもしれませんが、このアームロック式ならば中尺パターが再び日の目を見るかもしれませんよ。

アームロック式のパッティングは左腕にグリップを固定する

アームロック式のパッティングは左腕にグリップを固定する

getty

左手でグリップの下を握り、グリップの上は腕にくっついているような感覚で握る打ち方です。

普通に握っているだけでは、なかなかこうはなりません。

元々長尺や中尺のパターでアンカリングをしてパッティングをしていたプロが、このアームロック式なら感覚をあまり変えずにパッティングできると言っています。

こうしたルール改定の事情で、アームロック式のパッティングが生まれて以降、じわじわと広がっているんです。

アームロック式のメリットは左腕とパターの一体感!

アームロック式のメリットは左腕とパターの一体感!

getty

アームロック式のメリットは、やはり左腕にグリップをくっつけて握りますので、左腕とパターの一体感を得られやすいという点でしょう。

感覚に頼らず振り幅で一定の距離を出していきたいゴルファーは、ついうっかりパンチが入ったり、インパクトが緩んでしまったりするミスを特に嫌います。

手首の余計な動きがパッティングに出にくいので、ロジカルなパッティングをしたいゴルファーにアームロック式のメリットはぴったりかもしれません。

アームロック式パッティングの右手事情

アームロック式パッティングの右手事情

getty

アームロック式パッティングをするプロゴルファーを見てみると、右手の位置は人それぞれです。

オーバーラッピング式のグリップを取り入れている人や、クロウグリップやクロスハンドにしている人もいます。

左腕とパターを一体化して打てるアームロック式ですが、右手の感覚を残しておきたいゴルファーもいれば、右手の感覚を完全に消し去りたいゴルファーもいてそれぞれ。

そのため右手の影響が自分の感覚とぴったりマッチするように、それぞれのゴルファーが右手のグリップを試行錯誤しているようです。

中尺パターでどれくらいの長さを使っている人が多い!?

中尺パターでどれくらいの長さを使っている人が多い!?

getty

プロでも結構な人数が採用しているアームロック式。アドレスしたときに左腕の肘くらいまでの長さのパターを使っているゴルファーが多く見られます。

市販の中尺パターでは40~42インチ程度で、42インチが人気となっています。

なかなかパターが決まらない、パッティングがどうしても上手くいかない。こんな悩みのあるゴルファーは、中尺パターでアームロック式のパッティングを試してみてもいいかもしれませんね。

パターには決まった形がありません。自由に自分で形を選べますので、いろいろと試してみるのも1つの手ですよ。

もしこれが感覚的にぴったりくれば、パット数が大きく減るかもしれませんね。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。