ボールに上手く当たらない初級者に贈る3つのアドバイス

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回のお話は、ボールに上手く当たらない初級者のゴルファーの方へのアドバイスです。

インパクトは短い距離で身につける

インパクトは短い距離で身につける

getty

ボールに上手く当たらないくらいの初級者の場合、理想を追うのではなく今できることを少しグレードアップする方法で、地力をつけていきます。

力一杯振って、ヘッドスピードが上がってもフェースが開いていたらまっすぐには飛びません。

一番大切なのは、インパクトのときにフェースが目標に正対してボールに当たることです。

これができればボールは、目標に向かって飛んで行きます。

しかし、力一杯クラブを振ったのでは簡単にはできません。

小さなバックスイングから徐々に大きくしていき、自分がヘッドコントロールのできる限界を見つけます。

それが70ヤードなら、もう少し工夫をして80ヤードを目標に打てるようになればレベルアップを実感できます。

私は、シングルプレイヤーに、「100ヤードではグリーンを外してはいけませんよ」とよく言います。

シングルプレイヤーでも100ヤードなのです。

コンパクトなスイングを心掛ける

コンパクトなスイングを心掛ける
ご自分でコントロールできるのは、思っているより、相当小さなトップスイングだと思います。

トッププロのコンパクトなトップよりもっとコンパクトなトップだと思います。

そこが、今確実に当てることができる大きさのトップです。

それ以上大きくすると、正しいインパクトはできなくなります。

ご自分の限界を知るということはとても大切です。

限界を知り、練習をして徐々にトッププロのトップスイングを目指してください。

次は力加減です、力を入れ過ぎても、やはりフェースコントロールが難しくなります。

ご自分で、これ以上力を入れるとフェースコントロールできないという、力加減の少し手前くらいの力で打ちます。

体重移動は気にしない

体重移動は気にしない

getty

次に体重移動を考えないことです。ボールに上手く当たらないのですから、軸がブレる体重移動をしてはいけません。

最初から最後まで左足体重にします。

つまり、アドレスからフィニッシュまで左足体重です。

本人は、左足体重で打っているつもりでも、実際には体重移動という現象は起こっています。

自分のスイングを背中側から録画して見ればわかります。

左足を軸にして(右打ちの場合)体重移動をしなければ、格段にミート率が上がります。

それでも、ダフる場合は頭が上下していると考えられます。

体重移動とは、スイングの中で自然に起こることですから、体重移動をしようと思うと余計にやり過ぎてしまいます。

私の書いた本に『スマートなゴルフスイング』という本がありますのでぜひ参考にしてください。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。
お気に入り
レッスンプロ・クラフトマン 河野

 私は、趣味が高じてプロにまで成ってしまいました。 それには、沢山の壁がありました。一つの壁を乗り越えると又絶壁のような壁に 当たり、「この壁は絶対に乗り越えられない」と思いながらもコツコツと地味に 練習をしていますと、或る日ヒントに遭遇します。 その繰り返しで小さな成功体験を重ねたおかげで、ハンデ0に成りアマチュアでは日本と言う試合にも出場する事が出来、倶楽部チャンピオンにも成れました。 今は、得た知識と技術を生徒様に出来るだけ分かり易く、レッスンすることが仕事です。 そして得た知識と技術で本も10冊程、楽天ブックス様にて出版させて頂きました。 https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%B2%CF%CC%EE%CF%C2%C7%B7&x=0&y=0   「ハンデ14からハンデ0までの軌跡」 http://460262.golsta.jp/add/1254804340264     レッスンプロ・クラフトマン 河野和之 http://www3.plala.or.jp/kkouno/

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオセリーグコラボボール200715-0801
ダンロップX2ボール200715-0801

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200701-0801