緊張する!そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

こんにちは、かずやんです。

ゴルフをしているとさまざまな場面でプレッシャーがかかります。

朝イチのティーショットやバーディパット、狭くて左右がOBのホールなど、考えるだけでもたくさん出てきますね。

そんな緊張する場面に対処する方法をご紹介します。

緊張していることを受け入れる

緊張していることを受け入れる

getty

人間はプレッシャーがかかると緊張します。

緊張すると脈拍が速くなり、呼吸が浅く、手足の震えや汗をかいたりするなどします。

精神的にも不安な状態になり、吐き気や頭痛を起こす方もいます。

いろんな状態になってしまうので、元の状態に戻そうとするのが自然な行為だと思います。

しかし、プレッシャーがかかることには変わりがなく、なかなか緊張が治らないと焦ってしまって、余計に緊張してしまうなんてことになると、状況が悪化してしまいます。

プレッシャーがかかる時に、元の緊張していない状態に戻すのはとても難しいのです。

なので緊張してしまったら、まずは緊張したことを受け入れるようにしてみましょう。

「自分は今、緊張しているんだ」と思うだけで大丈夫です。

脈拍が速くなったり、手足が震えたりしても、その状態を感じるようにしましょう。

今の自分の状態と向き合うことで客観的に自分を見ることができます。

それができれば、それ以上緊張することがなくなり、冷静になれている自分にも気付くことができるでしょう。

みんな緊張していることを知る

みんな緊張していることを知る

getty

世界で活躍するプロゴルファーでも朝イチのティーショットは緊張すると言います。

つまり、人間はプレッシャーがかかると誰でも緊張するんだということを頭に入れておきましょう。

自分だけが緊張していると思うと、それだけで心が苦しくなります。

みんな緊張するから、自分も緊張するよなぁ……くらい気楽に考えられるようになると気持ちが楽になります。

緊張することを楽しもう♪

緊張することを楽しもう♪

getty

緊張することが自然な現象だと感じることができれば、あとは上手に付き合っていきましょう。

1.どんなプレッシャーがかかると緊張するのか?
2.自分が緊張するとどんな状態になるのか?

上記の2つを把握するようにしておけば、いつ緊張しても準備できている状態になります。

その準備できている状態に慣れてくると、いざ緊張が来た時に「緊張きたきたぁ♪」というように、変なテンションで緊張する状態になったりします(これは私だけかもしれません。笑)。

そのくらい緊張することがあたりまえで、むしろ楽しんでしまうくらいになるといいですね。

すると、プレッシャーがかかる場面も楽しめるようになり、ゴルフそのものがまた違った形で楽しめると思います。

良かったら試してみてください。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >