ミート率を上げる簡単手軽な方法は「短く握る」だけ!

getty

ミート率を上げる簡単手軽な方法は「短く握る」だけ!

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

ミート率とは、ちゃんとクラブの芯にボールが当たっているかどうかを判別する数値で、ドライバーの飛距離を出すためには欠かせない要素の1つです。

もちろんアイアンだってパターだって、しっかり芯に当てることはものすごく大切で、ミート率が上がれば自然とナイスショットの確率も上がってくるんです。

さて、このミート率を手っ取り早く上げる方法ですが、グリップを短く握るだけでいいんですよ~!

ミート率を上げるには短く握るだけでOK

ミート率を上げるには短く握るだけでOK

getty

ミート率を上げるには、グリップを短く握るだけでOK。

練習やコツなど、何1つ必要ありません。ただ短く握ればそれでOKなんです。

例えばアイアンでは、短い番手のほうが打ちやすいですよね。

番手が上がるほど、シャフトが長くなってきます。すると扱いにくくなって、ミスショットが増えてしまいます。

このミスショットが増える原因は、何と言っても長さです。

長さがミスショットの原因となるのなら、長くならないように短く握ればそれでショットはずい分と安定するんですよ。

短く握るだけなので簡単にミート率アップできる!

短く握るだけなので簡単にミート率アップできる!

getty

スイングやグリップの形を変えるわけではなく、さらにギアを変えるわけでもありません。

握る位置をほんの少し短くしてあげるだけなんです。

たったこれだけでクラブが振り抜きやすくなり、ヘッドもしっかり戻ってくるようになります。

クラブをカスタムしているわけでもないので、費用対効果は抜群。コスト0ですぐにミート率が向上してしまう抜群の対策なんです。

しかも「ちょっと合わないなぁ」と思えば、また握る位置を元に戻せばいいので後戻りも簡単です。

ミート率はアップするのに飛距離は変わらない!?

ミート率はアップするのに飛距離は変わらない!?

getty

クラブを短く握ることのデメリットとして、ヘッドスピードの低下があります。

ヘッドスピードが低下すると、その分だけ飛距離が落ちてしまうんですよね。

そこで短く握ったからといって飛距離が落ちたか、と言われると実はほとんどの方がそうではありません。

短く持ってもそこまで飛距離は変わりません。しかも短く持ってミート率がアップしているので、1発の飛距離では負けてしまっても、平均では短く持ったほうが良く飛んでいるというケースもあるくらいです。

飛距離はあまり変わらず、安定したショットが打てるようになります。

ミート率が上がるとミスも減る

ミート率が上がるとミスも減る

getty

短く握ってスイングするとスイングの再現性が上がります。するとミート率はもちろん、それと同時にミスショットも少なくなってきます。

またミスショットの質も上がってくる効果が期待できます。

ゴルフはミスのスポーツ、と言われていますが次のショットでリカバリーできる程度の小さなミスで済むんです。

グリップを少し短く握るだけで、ナイスショットが増えてミスショットが減ります。

目一杯長く持って、クラブを振り回しているゴルファーも多いです。しかしグリップを短く握るスイングはプロも試合でやっていることです。

短く握るメリットは大きいので、ぜひアマチュアゴルファーの皆さんにも試していただきたいと思います。

今平周吾プロも短く握るグリップ!

今平周吾プロも短く握るグリップ!

getty

記事中の画像に登場している今平周吾プロもグリップを短く握ってツアーを戦うプロです。

出場する試合では安定して上位に顔を見せるという、安定感のあるゴルフが魅力です。

短く持つことで、ショットの精度や縦・横の距離感、スピンコントロールなどありとあらゆる技を操っているのでしょう。

今平周吾プロのように……とはいかないまでも、アマチュアでも長く持つよりは「自分がやろうとしているスイング」がやりやすいはずです。

ぜひ少しだけ短くグリップを握って、ミート率向上を目指してみましょう。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップG