revue!初心者向けスイングチェックリスト16「インパクト時、体が伸び上がっていないか?フィニッシュでショットの良否に関わらず2~3秒止まれているか?」

revue!初心者向けスイングチェックリスト16「インパクト時、体が伸び上がっていないか?フィニッシュでショットの良否に関わらず2~3秒止まれているか?」

お気に入り

みなさんこんにちは! ライターの今日一です!!


最近後回しになっているチェックポイントです……。

「インパクト時、体が伸び上がっていないか?」と、「フィニッシュでショットの良否に関わらず2~3秒止まれているか?」の2つに分けて見ていこうと思います。

「インパクト時、体が伸び上がっていないか?」

「インパクト時、体が伸び上がっていないか?」

getty

意識していませんが、他のチェックポイント(後述します)をクリアしていくと自然と伸び上がらなくなりました。

なので、このチェックポイントは「ナシ」で!

「初心者向けスイングチェックリスト⑯」(上記リンク先参照)で、以下のように書いています。

『スイングを見てもらったいろいろな人に指摘され、自覚症状もあり、どうにか直そうと試行錯誤していました。

でもコレは「伸び上がらないようにしよう」という意識でどうにかなるものではありませんでした。

意識すればするほど、インパクトでスイングが止まってしまうようになり、それまで鳴りを潜めていた「手打ち」までもが……』

そう、チェックポイントに挙げておきながら、意識したところで改善できるポイントではなかったんですね。

以前の記事ではさらに、

『フォームが窮屈。だからインパクトで伸び上がる。飛距離が出ない原因にもなっていると思う』

と当時の『師匠』から指摘されたことも記載しています。

この問題は、他のチェックポイント、その中でも特に以下の4つ(リンク先参照)を意識して実践できるようになれば、自然とクリアできるはずです!

「フィニッシュでショットの良否に関わらず2~3秒止まれているか?」

私は気にしていない(気にできていない)チェックポイントです。

でも、このチェックポイントは「アリ」です!

以前の記事にも書きましたが、私のゴルフ仲間にはかなりの上級者もいますが、「あと一歩で上級者!」というレベルの中級者も結構います。

上級者の友人から中級者の友人へのアドバイスで、このチェックポイントが出てきたことがあります。

「上手くなってからも気にしたほうがいいチェックポイントなんだ?」と思わず口をはさんでしまった私に、上級者の友人が言いました。

「ラウンド中、『上手い!』と思う人のフィニッシュをよく見ててみな。超個性的なスイングで上手という『極稀な上級者』以外、まずふらついている上級者はいないから」
とのこと。

この時から私は同伴者のスイングをよく見るようになりました。

本人に頼まれたり、こちらから事前にOKをもらった上(動画撮影されることを嫌がる人もいますので事前に同伴者全員に許可をとっておきましょう。またスロープレイにならないよう注意しましょう!)で、動画を撮影したら大チャンス!

帰宅後もじっくりチェックしちゃいます♪

※個人的には、雑誌等の『プロのお手本スイング』よりも、『身近な上手い人のスイング』のほうが参考になっています。

プロのスイングは真似できません。上手い友人達のスイングだってなかなか真似はできませんが……。

ラウンド後、練習場に行った後、撮った動画をスロー再生にしてチェックすることで、自分に足りないものに気付くことも増えてきました。

私の周りの上級者は……みんなフィニッシュがビシッと決まってる!!

私の周りの上級者は……みんなフィニッシュがビシッと決まってる!!

getty

初心者、初級者が意識しなくても上級者のスイングをじっくり見られる機会と言えばティーショットですね。

「素早く撮影する!」と意識しておけば、スロープレイにならずに動画を撮るチャンスでもあります。

ただ、できればセカンド(サード)ショット、アプローチショットを見たいですね。

ある程度レベルが上がるまで、その機会はなかなかやって来ません。

コースの中を、いや、コースの外まで走り回る我々が上級者と同じ場所から打つこと、ほぼ皆無です。

「毎ホール、ティーショットのあとはグリーンで再会」大袈裟ではなくこんな感じですから。

それでも、110台くらいでラウンドできるようになればチャンス到来!!

ミドルホール(パー4)、ロングホール(パー5)で真っすぐに打てれば、「上級者:2打目、自分:3打目で同じ位置から!」なんてシチュエーションが増えてきます♪

ここで後ろの組がまったく追い付いてきていない状況なら、上級者のスイングをじっくりと目に焼き付けましょう!

もちろん可能なら動画撮影!!

ティーショット、上級者と初級者、初心者は別次元ですが、様々な条件のライからしっかりと打つセカンド(サード)ショット、アプローチショットも別次元!

そしてしっかり見ていると、ドライバー以上にアイアン、ウェッジのフィニッシュに目を奪われることになると思います。

打ち終わったあと、ピタッと静止してボールの行方を追う上級者達のフィニッシュ、ちょっと感動モノですよ!!

「ここが違うのか!」という気付きをもたらしてくれるのか、「ああいうスイングを目指そう!」という道標になってくれるのか、それは自分自身のレベルによって異なりますけどね♪

ということで、このチェックポイント、「アリ」です!

「できているか」ではなく、今後も「できるようにする」という意識でいきたいと思います!!

お気に入り
今日一

2017年1月、40代でゴルフを始めました。 同2月、練習場3回でコースデビューを果たしました。 それから、日々「ゴルフ 初心者」というキーワードで検索しまくり情報を得て独学でやってきました。 最も参考になった情報は『初心者自身』の「トライ&エラー」「ラウンド状況」「クラブセッティング」「スイングの基本」でした。 これからゴルフを始める人、始めたばかりの人に役立ててもらうための、「初心者による初心者のための記事」アップしていきます!!

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


求人