revue!初心者向けスイングチェックリスト⑧「背筋を伸ばし、腹筋に力を入れて(お腹を引っ込めて)いるか?」

revue!初心者向けスイングチェックリスト⑧「背筋を伸ばし、腹筋に力を入れて(お腹を引っ込めて)いるか?」

お気に入り

みなさんこんにちは! ライターの今日一です!!


「力まないこと」、大事ですよね!?

特に手やら腕やらに力が入ってしまうと、いろいろなミスにつながってしまいます。

だからと言って、全身の力を抜いたらまともにスイングできませんよね?

今回チェックポイントになっている「腹筋」については「力を入れてよい箇所」だと思います。

腹筋に力を入れることが、右腕の力み解消にも!

腹筋に力を入れることが、右腕の力み解消にも!

getty

リンク先の『revue!初心者向けスイングチェックリスト②「強く握り過ぎていないか?」』で、右腕以外の場所(左肘)に意識を持っていくことで、右腕の力みを防げると紹介させていただきましたが、「腹筋」に力を入れることでも同様の効果が得られると感じています。

「腹筋に力を入れて構えて、左肘から振って、さらに右腕に力を入れる」なんて、かえって難しいですからね。

アドレス時には「腹筋」を意識して、スイング始動後は「左肘」を意識すれば右腕に力が入り過ぎて失敗、というケースは激減すると思いますよ♪♪

飛ばしたい時だけじゃない! 短い距離こそ「腹筋」に力を入れて!!

飛ばしたい時だけじゃない! 短い距離こそ「腹筋」に力を入れて!!

getty

「力を入れる」=「飛ばす!」ということではありません。

ティーショット等の長距離ショット以上に、ショートアプローチやパッティングで「腹筋」を意識してもらいたいんです。

「腹筋」に力を入れることは軸をキープすることにもつながります。

ショートアプローチやパッティングで「うわっ! 緩んだ……」とミスをしたこと、ありませんか?

それを防いで「無駄な1打」を減らしていくことが、必ずスコアアップに直結します!!

このチェックポイント、今後も「アリ」です!!

お腹つながりで……大幅に脱線します(いつも脱線が多くてスミマセン)

お腹つながりで……大幅に脱線します(いつも脱線が多くてスミマセン)

getty

ゴルフを始めてから「スリムになった」という話、「太った」という話、どちらも耳にします。

もちろん「変化なし」という話も聞きますけれど。

皆さんはいかがですか?

私は「スリムになった」派です。

なぜ真逆の結果になっているのか、ゴルフダイエットに成功(?)している私が分析してみます♪

私が「スリムになった」原因は、私の場合は、飲酒と夕飯後の間食が激減したことだと推察しております。

昼間働いて、帰宅後家族と過ごす私の場合、練習場に行く一番のチャンスは「夜」。
子供達が寝付いてからです。

もうお分かりですね。

お酒を飲んでしまった後で。

夕飯でお腹いっぱい、さらに食後のデザートやら何やらで「もう動けません」となった後で。

「今日は練習場に行けたのに……」なんてことになったら、翌日まで引き摺るレベルで「お酒飲まなきゃよかった~」「間食しなきゃよかった~」ってことになりますよね。

逆に「太った」ゴルフ仲間のケース。

ラウンド中に飲む→ゴルフ以外で昼から飲む機会ってあまりないですよね?

帰り道に食べる、飲む→ラウンドでほどよく運動をした後。お腹が空きますよね。練習場で多めに打ち込んだ時も。

こんな風にゴルフの影響で飲食の機会が増えた場合、「太った」という結果になっているようです。

ゴルフダイエットを考えている方は参考にしてみてください!!

お気に入り
今日一

2017年1月、40代でゴルフを始めました。 同2月、練習場3回でコースデビューを果たしました。 それから、日々「ゴルフ 初心者」というキーワードで検索しまくり情報を得て独学でやってきました。 最も参考になった情報は『初心者自身』の「トライ&エラー」「ラウンド状況」「クラブセッティング」「スイングの基本」でした。 これからゴルフを始める人、始めたばかりの人に役立ててもらうための、「初心者による初心者のための記事」アップしていきます!!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


求人