まだまだ油断は禁物!日焼け止めはどうやって選べばいいの?

getty

まだまだ油断は禁物!日焼け止めはどうやって選べばいいの?

お気に入り

女性ゴルファーにとって、一番大切なのは、スコア以上に紫外線対策だったりするのではないでしょうか?

また、紫外線対策をあまりしない男性ゴルファーも多いと思いますが、紫外線対策を怠っていると中年に差し掛かる頃に大きなシミができやすくなるので、面倒くさがらずしっかりケアしていきましょう。

日焼け止めに書いてある「PA+」「PA++++」の「PA」って何?

日焼け止めに書いてある「PA+」「PA++++」の「PA」って何?

getty

「PA」とは、日焼け止めの紫外線防止効果を表す基準のことです。

日焼け止め発売当初は「PA+++」を最高とする3段階表示でしたが、2013年の1月「PA++++」が追加され4段階になりました。

紫外線には2種類ありますが、肌の奥の真皮まで到達し、シミやしわ、たるみなどの「光老化」の原因となるものを紫外線A波(UV-A)と呼びます。

「PA」はProtection Grade of UV-Aの略で、「+」の数が増えるほどUV-Aの防止効果が高まります。

紫外線散乱剤や吸収剤などを組み合わせる技術が向上し、製品ごとのUV-A防止効果に差が出始めたため段階を細かく表記するようになっています。

「光老化」のメカニズムが解明されるにつれて、UV-A対策にも消費者の注目が集まるようになりました。

日焼け止めに書いてある「SPF」って何?

地上に届く紫外線には紫外線A波(UV-A)の他に、肌の表面に作用してシミやソバカスの原因となる紫外線B波(UV-B)もあります。

そして、UV-Bの防止効果は「SPF(Sun Protection Factor)」で表されます。

「SPF」は、紫外線を浴びた際にできる皮膚に赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長くできるかを表したものです。

「SPF50」の日焼け止めを利用した場合、赤い斑点が現れる時間を50倍に延ばすことができるということになります。

具体例でいいますと、赤い斑点が現れるまでに20分程度かかる人がSPF50の日焼け止めクリームを塗った場合、20×50=1000分。

約16時間程度の日焼け止めの効果が期待できるということになります。

ラウンド中はどれくらいのタイミングで塗り直しが必要?

ラウンド中はどれくらいのタイミングで塗り直しが必要?

getty

計算上は、「SPF50」であれば1日中効果がキープされることになりますが、ゴルフは野外で汗をかくスポーツです。

また実際には「SPF」が30以上の製品の効果にそれほど効果に差がでないことを考えると、ある程度頻繁に塗る必要がありますね。

「茶店」を利用するタイミングで塗り直すのがいいと思いますが、最低でもハーフターンでは塗り直してください。

肌のデリケートさや使用感には個人差があり、「PA」も高ければいいというものではありませんが、ゴルファーには「PA+++」&「SPF30」以上の日焼け止めをおすすめします。

スイングだけじゃなく、肌も美しいゴルファーを目指しましょう!!

お気に入り
Yanagi@golf

ゴルフ歴10年のアベレージゴルファーです。 大学時代はスポーツ科学を専攻し、現在は医薬品メーカーで働いています。 フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitterやブログもやってますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください。 https://life-tuning.net/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG