距離と方向性を司る!右ひざの位置、チェックしたことありますか?

getty

距離と方向性を司る!右ひざの位置、チェックしたことありますか?

お気に入り

ゴルフのスイングを考えるときに、よく左ひざ(レフティの場合は逆の右ひざ)の話題を聞くのではないかと思います。

事実、左ひざもスイングにおいて重要なポイントになります。

一方、意外と注目されない右ひざ。

軸足になるため、あまり動きがないように感じられるのですが、実は特に男性においてミスショットを誘発している原因が右ひざにあったのです。

回る、右ひざ

回る、右ひざ

getty

まず、基本的な右ひざの動きについて考えてみましょう。そもそも、右ひざは「動いてはいけない」というのが正解です。

厳密にいうと、捻転を取ったときに少し右に動いてしまうのですが、右足でグッと力を溜めることを考えると極力動かないほうがベストです。

しかし、先述の通り男性に多いのですが、捻転時に体の硬さからテイクバックが十分に取れないため、右ひざをさらに右に回して無理矢理捻ることがあります。

これは、いわゆるオーバースイングになるため、体の回転に対してヘッドがついてこず、結果フェースが開くといったミスショットにつながってしまうのです。

適正なテイクバックがキモ!

適正なテイクバックがキモ!

getty

そもそもプロゴルファーはあらゆるトレーニングを繰り返し行っています。だからこそ、あそこまでの捻転を行うことができるのです。

そう考えると、週に数度打ちっ放しに行けばいいほうというアマチュアゴルファーが、プロゴルファーのように捻転できるはずがないんです。

そこでプロゴルファーの真似をするということで考えるのならば、右ひざを見てください。

どっしりと体重を乗せて固定されていると思います。

プロゴルファーの下半身と同様にしっかりと固定して、肩を回せるところが適正な捻転なのです。

過剰な捻転がなくてもボールは飛ぶ

過剰な捻転がなくてもボールは飛ぶ

getty

過剰に捻転を取らなくとも、ボールはしっかりと飛んでくれます。

思いっ切りマン振りするのとでも10ヤードほどしか変わらないのではないでしょうか。

そう考えると、しっかり自分が取れるだけの捻転を取り、力まずにスイングできたほうがいい結果がついてくるのは明白ですよね。

トップ画像の横峯さくら選手のように大きくテイクバックを取るからといって男子プロより飛距離が出るわけではありません。

逆に、トミー・フィナウ選手のように、飛び過ぎるからとテイクバックを抑えるほどの選手もいます。

そう考えると、テイクバックの取り方が飛距離のすべてというわけではないということがお分かりいただけると思います。

自分の右ひざと相談して、自分だけのテイクバックの形を手に入れてください。

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA