30台を出せる実力者が、前半46を叩いてしまった!後半どう立て直す?〜ゴルフ「あるある」物語vol.1

getty

30台を出せる実力者が、前半46を叩いてしまった!後半どう立て直す?〜ゴルフ「あるある」物語vol.1

お気に入り

ゴルフは、難しいスポーツです。

他のスポーツでも番狂わせが起こるのと同じで、普段は30台のスコアも出すことがあり、41程度では上がれる実力の持ち主が、この日は前半を終わって「46」を叩きました。

後半のコースも決して簡単ではなく、油断すると90近くのスコアになってしまう危機に陥りました!

さあ、後半をどのように立て直して、いつもの80台半ばのスコアで上がれるか! その対処法について、考えてみます。

皆さんも読みながら一緒に考えてください!

スタートホールからかみ合わずに、パーが取れない!

スタートホールからかみ合わずに、パーが取れない!

getty

上手な方が、朝の練習では好調だったのに、スタートしたらショットがやや不調で、なかなかパーが取れずに苦しんだり、短いパットが入らなかったり、ゴルフのかみ合わせが悪い時もあります。

それでも、スタート直後はこんな時もあると、心穏やかでしょう。

しかし、ホールが進んでも、かみ合わせの悪さは直らずに、パーが拾えない。

そして、少しずつ焦りが出て、つまらないミスが重なり、とうとうダボを叩いてしまった。

こうなると、負のスパイラルに入り、パーが取りたくても取れないという状況に陥ります。

こうして、終わってみれば「46」を叩いてしまった! これは崖っぷちです!

こうして、終わってみれば「46」を叩いてしまった! これは崖っぷちです!

getty

そして、前半を終わってみれば、ボギーペースも守れずに、思いがけずに「46」を叩いてしまいました。

普段は41〜42、良ければ30台を出している実力者にとっては、「叩いてしまったなぁ!」という心境でしょう!

後半に相当頑張らないと、とても80台半ばのスコアでは上がれません。特に、今日は何となくかみ合わせが悪いので、このままの状態では後半も45程度を叩いてしまう危険があります。

さて、この状態で、後半をどのように立て直すか? です。

後半のスタートホールの入り方はポイントになる!

後半のスタートホールの入り方はポイントになる!

getty

普段のショット、パットが出れば30台も出せるが、かみ合わせの悪いゴルフを立て直さないと、また40台半ばのスコアになってしまい、90以上のスコアになってしまいます。

・ポイント①……スタートホールを丁寧に入り、パーで上がれるように努力する。

・ポイント②……その後も、目の前のホールのプレーに集中する。

この状況を立て直すポイントの一つ目は、後半のスタートホールの入り方にあります。

ここで、無理をしてバーディーなどを取りに行って、ボギーになってしまうと、スタートホールで、つまずくことになります。

スタートホールを丁寧に攻めて、パーで発進できれば、いつもの流れのゴルフができます。これで、心に余裕が生まれて、良い流れになるでしょう!

二つ目のポイントは、トータルスコアを気にせずに、目の前のホールのプレーに集中することです。

そして、できれば最初の3ホールを1オーバーぐらいで乗り切れれば、その後の展開は楽になり、パーの積み重ねやバーディーのご褒美もあるかもしれません。

このように、追い詰められた状況の中では、後半リセットして、最初のホールの入り方と目の前のホールを丁寧にプレーすることで、この危機を乗り越えられると思います。

その結果、後半は「39」というようなスコアで、トータル「85」ということもあると思います!

お気に入り
PAR RUSH 01

ゴルフは本当に奥が深く上手くいかないスポーツですが、だから飽きずに続けています! ゴルフの楽しさを伝えていきます! 「PAR RUSH」 は10周年を越えたゴルフサークルです。このロゴは特製ネームタッグです。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA