中途半端な距離、“マイナス5ヤード”を打ち分けられるようになろう!

getty

中途半端な距離、“マイナス5ヤード”を打ち分けられるようになろう!

お気に入り

あなたの9番アイアンのフルショットの距離が130ヤード、ピッチングウェッジで120ヤードだとしましょう。

では125ヤード、いわゆる“ビトウィーンクラブ”の距離ははどう打ちますか?

ピッチングウェッジでマン振りをして5ヤード増しで打とうとするのは、力む原因になりますので、お勧めできません。

それよりも9番を「マイナス5ヤード」させるほうが、リスクが少ない方法といえます。

感覚的にはフルショットをするつもりで打つ

感覚的にはフルショットをするつもりで打つ

getty

ただし、「力を抜いて」とイメージするのも、ミスショットのリスクを高めてしまいます。

なぜなら、緩んでしまうからです。

できる限り、感覚的にはフルショットをするつもりでスイングして、結果がマイナス5ヤードになるようにするのがポイントです。

そのほうが、飛距離が安定するはずです。

マイナス5ヤードにする方法

マイナス5ヤードにする方法

getty

方法としてはいくつかあります。

グリップエンドを少し余らせ、クラブを短く持つ方法。スタンスを少し狭くするという方法。

通常はそれによって自然に振り幅が小さく抑えられます。

あるいは、人によってはスタンスの幅は特に気にせず、振り幅を小さくする意識を持ったほうがいい人もいます。

トップやフィニッシュをコンパクトにするイメージが合う人もいるでしょう。

スイングのスピード感を遅くするという方法もあります。

場合によっては、これらの方法を組み合わせることもありです。

こうしたことを普段から練習で試して、安定して意図どおりの「マイナス」を作る手段を用意しておくことです。

コースの様々な状況で距離が打ち分けられる

コースの様々な状況で距離が打ち分けられる

getty

これらの方法を組み合わせることによって、マイナス10ヤードを作ることもできるでしょう。

アゲインストの風で距離を合わせるには、1番手上げるのではなく、2番手上げて、このような調整をしたほうが上手くいくこともあるのです。

何よりも、1つの番手で様々な距離を打ち分ける感覚を持つことで、コース内での様々な状況、例えば風や気温、または打ち上げ、打ち下ろしホールで飛距離の増減を考えなければならないとき、微妙な足し算、引き算を右脳で行うこともできるようになるのです。

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA