猛暑の中のラウンドは体調管理が大変!〜スコアどころではない!

getty

猛暑の中のラウンドは体調管理が大変!〜スコアどころではない!

お気に入り

梅雨が明けて、いきなり猛暑が襲って来ました。この尋常ではない暑さの中でのラウンドは、スコア以前に体調管理が大変です!

予定通りに1ラウンドを消化するために、必要な持ち物の準備と、ラウンド中の注意点をまとめました。

猛暑のゴルフでの持ち物を、並べてみました!

猛暑のゴルフでの持ち物を、並べてみました!

猛暑の中でのラウンドでは、事前に暑さ対策の持ち物を確認して、しっかり準備するようにしましょう!

今回のラウンドは、最高気温予想が37度で、しかもカートなしの歩きのゴルフでした。この時期の歩きのラウンドは近年になく、とても厳しいゴルフを覚悟しました。

そのため、暑さ対策は万全にしました。

大きめのタオル、濡らして使用するタオル、1.5ℓのサーモス水筒、氷嚢、そして、ここには並べていませんが、晴雨兼用の大傘、途中で着替えをするためのポロシャツでした。

もちろん、日焼け止めクリームは、紫外線が強くなるゴールデンウイーク辺りから必ず持参しています。さらに、ラウンド終了後に、日焼けした肌を冷ます、ジェルも持参しています。

小まめな水分補給のためには、最低2ℓのスポーツドリンクを用意する

小まめな水分補給のためには、最低2ℓのスポーツドリンクを用意する

getty

猛暑の中では、水分補給が欠かせません。

朝から、少しずつ小まめな水分補給をするので、相当な量が必要です。

本来は、2ℓのペットボトルを持参すれば良いのでしょうが、今回はたまたま歩きのラウンドで、荷物を置くスペースが限られるので、500㎖のペットボトルを4本用意しました。

朝、レストランで1.5ℓの水筒に氷をもらい、ペットボトル2本分のスポーツ飲料を入れて、他の2本はキャディーカートに積みます。

スタート前から少しずつ水分補給をしていきます。一気にではなく、1打ごとに少しずつがポイントです!

なお、昼食休憩時には、氷を補給しましょう。

暑さを和らげるために、氷嚢も準備する!

暑さを和らげるために、氷嚢も準備する!

猛暑の中では、頭の後ろの首すじを冷やす氷嚢も有効な対策です。

ただし、氷嚢の氷はすぐに溶けてしまいますので、ビニール袋に入れて、溶けるのを少しでも遅くする工夫も大事です!

また、氷嚢の氷を入れるのは、スタートの直前が良いと思います。

真夏には日傘にもなる晴雨兼用の傘も用意する

真夏には日傘にもなる晴雨兼用の傘も用意する

getty

ラウンド中に、陽射しの強いフェアウェイを歩く際には、晴雨兼用の大きな傘を差して、直射日光を防ぐようにしましょう。

これだけでも、猛暑の身体へのダメージはかなり防げます。

傘は絶対の必需品です!

女子プロが夏場のツアーで傘を差してフェアウェイを歩く光景がありますよね! あれです!

今回はプロと同じように歩きのラウンドだったので、有効でした。

汗で濡れるグローブの予備も用意しましょう!

汗で濡れるグローブの予備も用意しましょう!

猛暑で汗をかいて、手袋も汗で染みができます。

雨のゴルフと違って、びっしょりになることはありませんが、汗が染みてきたら、予備の手袋に替えることも考えましょう!

天然皮革のグローブは汗の染みが落ちないので、猛暑のゴルフでは全天候型グローブが最適です。汗が染みたグローブは洗いましょう!

お気に入り
PAR RUSH 01

サラリーマンゴルファーの「Par Rush」です。 ゴルフは何年やっても、上手くいかないことが多い! それを克服しようと、考えて練習する、でもまた上手くいかない!また、考えて練習する、これの繰り返しです、だから飽きないんです! 数多いラウンドの中から得たこと、おもしろいネタをお伝えしていきます。 「PAR RUSH」 は10周年を越えたゴルフサークルです。サークルメンバーの特製ネームタッグです。

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップH