刻むティーショットは200ヤードではなく180ヤードキャリーがちょうどいい!?

刻むティーショットは200ヤードではなく180ヤードキャリーがちょうどいい!?

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

ティーショットでドライバーを使わない、いわゆる『刻む』場合、ほとんどの皆さんは200ヤードキャリーを目安にしているのではないでしょうか。

しかしよりミスなく手堅くいくなら180ヤードキャリーがよかったりするんです!

200ヤード先に刻むつもりが……

200ヤード先に刻むつもりが……

getty

300〜320ヤードくらいの短いミドルホール(パー4)。

フェアウェイが狭かったり、飛び過ぎるとハザードに入ってしまうので、ドライバーは使わずにフェアウェイウッドやユーティリティーで刻んだほうがよかったりしますよね。

そして『刻む』ティーショットで多くの方が目安にする飛距離といったら200ヤードキャリーではないでしょうか。

しかしこの200ヤードというのが意外に曲者で、安全策のつもりがOBやチョロといった手痛いミスが頻発したりするんですよね。

ドライバーショットよりハードルが高い!?

ドライバーショットよりハードルが高い!?

getty

200ヤード先にボールをキャリーさせようと思えば、アベレージゴルファーの場合、一般的な男性なら3番ウッド、飛ばし屋の男性なら5番ウッドや3番ユーティリティーのフルショットになります。

この長い番手でのフルショットって、いくらティーアップしていてもミスが出やすかったりするものなんですよね。

チョロも出やすければ、少し曲げるとOBになったり、さらにせっかく上手く打てたとしても、ランが出過ぎてハザードにつかまることも。

考え方によっては安全策どころかドライバーショットよりハードルが高いショットと言えるのではないでしょうか。

あえて180ヤードキャリーがイイ!

あえて180ヤードキャリーがイイ!

そこで私がオススメしたいのが180先にキャリーさせること。

180ヤード先にキャリーできれば、ほとんどランが出なくても、ピンまでの残り距離は120〜140ヤード。

飛ばし屋ならピッチングウェッジやショートアイアンで十分グリーンを狙えます。

飛距離があまり出ない方でも、ショートアイアンから7番アイアンくらいでグリーンを狙えるわけです。

手前味噌ですが、ドライバーの飛距離が240ヤードほどである私の場合は180ヤードキャリーなら4番ユーティリティーでのショットになります。

4番ユーティリティーなら多少曲げてもOBを避けられますし、フェアウェイウッドに比べればチョロの確率はかなり減ります。

さらに万が一飛び過ぎても、ボールはちょうど200ヤード先のベストポジションに収まるという計算です。

180ヤード先へのキャリーだなんて消極的だと感じるかもしれませんが、私から言わせてもらえれば『安全策この上なし』ですよ。

興味の出た方は次回のラウンドで試してみてくださいね。


それではまた次回お会いしましょう!

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップA
GDOゴルフテック