ジャスティン・トーマスの悩みを解決した、素敵なギフトの話

getty

ジャスティン・トーマスの悩みを解決した、素敵なギフトの話

お気に入り

「僕は今、大きな問題を抱えているんだ」

というジャスティン・トーマスのコメントから始まるエピソード。

ジャスティンの悩みとはいったいなんなのでしょうか?

退屈なシューズに命を吹き込む?!

退屈なシューズに命を吹き込む?!

getty

ジャスティンが手に持っていたのは、真っ白なゴルフシューズ。

「このシューズにはまったく色がなくて退屈なんだ。誰かこの靴を面白くしてくれないかなあ……」

ジャスティンがそんな悩みをセントジュード小児研究病院に相談したところ、こころよく引き受けてくれたのは、セントジュード小児研究病院の「元患者」のベイリー君でした。

ベイリー君は骨ガンから生還した少年で、彼がもっとも情熱を傾けているのは絵を描くことでした。

ジャスティンも大喜びの最高のシューズが届きました!

フェデェックスのデリバリー・ロボットがジャスティンに届けてくれたのは、ベイリー君がデザインした、とっても素敵なゴルフシューズでした。

真っ白なシューズに魚たちが泳いでおり、ソールに描かれていたのはセントジュード小児研究病院でしょうか。

ベイリー君の渾身のデザインにジャスティンも大満足です!

自由な発想で描かれたベイリー君の無垢なデザインは、どんな大御所のデザイナーでも表現できない素晴らしいものでした!

まとめ

まとめ

getty

ジャスティン・トーマスは皆さまもご存知のPGAツアーのトッププロの一人です。

ゴルフの腕前も一流ですが、ジャスティンは人に感謝を伝えるのも超一流でした!

病と戦っている子供たちに元気になってもらいたい。

そんな気配はまったく見せず、地味なゴルフシューズを華やかに変身させてくれたベイリー君に対して心から感謝と喜びを伝えていました。

照れて恐縮しているベイリー君に、

「君のひらめきには脱帽だよ! 本当にありがとう!」

と力強く伝えていました。

病気の子どもたちにとって感謝されることは、「早く元気になってね」と言われるよりもずっと大きな励ましになるに違いありません。

そんな思惑など微塵も見せずに、自然に優しい触れ合いができるジャスティン。

ますますファンになってしまいました!

お気に入り
オニオンスライス

ゴルフ歴二十数年。 ラウンドよりも練習が好きな、ハンデ15のベテランゴルファー。 『観るゴルフ』の達人として、ゴルフの楽しみ方を広めていきます!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG