グリーン周りでのアプローチではまず何を考えたらいいのか?

getty

グリーン周りでのアプローチではまず何を考えたらいいのか?

お気に入り

こんにちは!

スタート2時間前にゴルフ場に着いてしまったマイゴルフクラブです( ´ ▽ ` )

今回はスコアを大きく左右するグリーン周りでのアプローチに関してです!

みなさんはアプローチするとき、何を考えてますか?( ´ ▽ ` )

自分ができることを明確にする!

自分ができることを明確にする!

getty

まず、アプローチに関して大事なことは《自分ができることを明確にする》です。

これはアプローチ以外でも大事なことです!

アプローチだと「直接入れてやる!」「スピンを効かせてキュキュッと止める!」「ふわっとやわらかいロブショット!」など、決まれば確かに気持ち良いのですが、成功する確率がどれくらいあるかが重要です。

確実にカップに寄せる方法

確実にカップに寄せる方法

getty

確実にカップに寄せる方法は《転がすこと》です!

実はプロゴルファーもまず転がして寄せることを考えます( ´ ▽ ` )

ボールの状態、グリーンの状態、カップの位置によって、上げたほうがいいこともありますが、ボールを上げようとすることがミスの原因になります。

トップやダフリです( ´ ▽ ` )

あとはボールを上げるということはロフト角が寝ているウェッジでボールを打ちます。

ボールが上に向かって飛ぶので、振り幅を大きくしなければなりません。

この、大きく振ることもミスにつながります。

まとめ

まとめ

getty

①アプローチで寄せるときに自分ができることを考える

②パターで転がすことを優先する

です!

転がすことを考えたときに、パターでなくても、7番アイアンとか、ユーティリティを使うというのもありだと思います!

それぞれのクラブで同じ振り方をしたときに、どれだけ飛んで、どれだけ転がるかを確認しておくことをオススメします( ´ ▽ ` )

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

それではまた次回に( ´ ▽ ` )

お気に入り
マイゴルフクラブ

はじめまして( ´ ▽ ` ) ゴルフショップ14年間勤務で得た商品知識とフィッティング技術、クラフト技術とUSGTFレベル2のティーチング資格を活かして2019年5月から上達したいゴルファーを応援するマイゴルフクラブと、インターネット上の商品販売でゴルファーを応援するマイゴルフショップを設立しました! 新製品ゴルフクラブの試打記事やスイングに関する記事で、皆さんのお役に立てればと思っています。 ゴルフの腕前はエンジョイゴルファーです( ´ ▽ ` ) よろしくお願い致します! https://shop.my-golf.club

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH