60歳の誕生日までに100を切るのが目標のa子様(その2)

getty

60歳の誕生日までに100を切るのが目標のa子様(その2)

お気に入り

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回は、『60歳の誕生日までに100を切るのが目標のa子様(その2)』です。

トップの形やトップの作り方の練習をしたお話です。

高めのトップは、不安定で同じトップにできません

高めのトップは、不安定で同じトップにできません

a子様の2度目のレッスンのはじめにa子様から質問が3つあり、それにお答えしてからレッスンを始めました。

内容は、以前からの疑問や私の本に書いてあることなどです。

レッスンの時に質問をしてくれるのは、その方が何に悩んでいるのかを知る、良いきっかけですので大歓迎です。

レッスンは、現在のアウトサイドインのカット軌道をインサイドアウト系のスイング軌道に修正することから始めます。

そのために、現在の高いトップ(脇が開き不安定になります)から引き下ろすスイングを少しフラットにして、右脇の閉まった“出前持ちスタイル”のトップを作る練習をしていただきました。

タイガーのトップ

タイガーのトップ

getty

練習方法は、等身大の鏡を見ながら行います。

アドレスから出前持ちスタイルのトップを作るまでを何回も何回も行い、良い形のトップがスムーズにできるまでを練習します。

それを私が見ながら、オンプレーンになっているか、外に上がったりインサイドに引き過ぎていないかをチェックします。

このオンプレーンになっているか、オンプレーンになっていないかをご自分で判断するのは、自分では見えない場所で起こっていることなのでとても難しいです。

そのため、スイングプレーンのきれいな(≒スイングがきれい)方が少ないのだと思います。

ご自分でチェックをするのなら、最低月に1度はご自分のスイングを録画して見ないと、知らないうちに余計な動きやクセが付いてしまいます。

スイングは、余計な動きを取り除きできるだけシンプルにすることが、リピータブルで効率の良いスイングになっていきます。

そうすれば、緊張した時にでも同じ動きができます。

コンパクトなトップにする練習

コンパクトなトップにする練習

練習場では成功するまで何度も打てますが、コースでは一発勝負です。

タイミグの取り難いクセのあるスイングでは、良いスコアを出し続けることは困難です。

高いトップは理想的に見えるかもしれませんが、実は、トップの位置も不安定で、しかも再現性が低く、力のある方にしかできないのです。

それに比べて出前持ちスタイルのトップは、重い岡持ちを長い間支えることのできる形です。

良いトップが作れたら次はインパクトからフォローをレクチャーさせていただきます。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

お気に入り
レッスンプロ・クラフトマン 河野

 私は、趣味が高じてプロにまで成ってしまいました。 それには、沢山の壁がありました。一つの壁を乗り越えると又絶壁のような壁に 当たり、「この壁は絶対に乗り越えられない」と思いながらもコツコツと地味に 練習をしていますと、或る日ヒントに遭遇します。 その繰り返しで小さな成功体験を重ねたおかげで、ハンデ0に成りアマチュアでは日本と言う試合にも出場する事が出来、倶楽部チャンピオンにも成れました。 今は、得た知識と技術を生徒様に出来るだけ分かり易く、レッスンすることが仕事です。 そして得た知識と技術で本も10冊程、楽天ブックス様にて出版させて頂きました。 https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%B2%CF%CC%EE%CF%C2%C7%B7&x=0&y=0   「ハンデ14からハンデ0までの軌跡」 http://460262.golsta.jp/add/1254804340264     レッスンプロ・クラフトマン 河野和之 http://www3.plala.or.jp/kkouno/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップH