ライや地面の状態など、ボール環境を常にきちんと確認していますか?

お気に入り

ゴルフにおいてミスを誘発するポイントの一つとして挙げられるのが、ボールが置かれている環境です。

傾斜があるのか、ライはどんな状態なのか、地面はどのような状態なのかと考えると、まったく同じ状況というのはなかなか考えられません。

しかし、この状況を確認せずにショットを打ってしまっている方も少なくありません。あなたはボール環境をしっかりと確認していますか?

意外と見逃しがちなボール環境

意外と見逃しがちなボール環境

getty

ティーショットがラフに入りました。さて、セカンドは残り150ヤードの地点から打つことになります。

今日はセルフプレー。

カート道は左ですから右のラフに入ったボールのところまで歩いていくことになりますね。

さて、あなたはどんなクラブを持っていきますか?

この質問に対して、150ヤードを打てるクラブとその前後1本のクラブで計3本持っていくと回答した方は、まだまだボールが置かれている環境を見ていない方かもしれません。

遠くからでは見てもわからないボールの状態

遠くからでは見てもわからないボールの状態

getty

というのも、一見ラフに入っていると思ったボールは地面がぬかるんだラフにあり、さらに芝の中に沈み切ってしまっている、など遠くから見た状態ではなかなか気付けないものです。

本来はウェッジ等で出したいところですが、わざわざ取りに行くのは面倒です。

すると、持ってきた3本のどれかでショットし、結果ミスにつながってしまった、という経験をお持ちの方も少なくないのでは?

ボール環境をよく見る人はこういった状況を加味して、絶対にトラブル用のクラブを持っていきます。

ただのラフだったとしても、ただクラブが1から2本増えるだけです。先のミスを防ぐためなら持って移動するべきでしょう。

しっかりとボールの置かれる環境を確認して!

しっかりとボールの置かれる環境を確認して!

getty

ボールが置かれている環境を確認するクセが付けば、ミスは確実に減ります。

ラフに入ったとき、ボールは浮いているのか沈んでいるのか、つま先上がりもしくは下がりなのか、左足上がりもしくは下がりなのか、この状況で考えたときどういったミスが出やすいから、どのように攻めるべきなのか、など複合的に考えるクセを付けてください。

ショットやパター、アプローチを向上させるのは一筋縄ではいきません。しかし、このような習慣を身につけるのは今日今すぐにでも行うことができます。

しっかりと確認することが身に付けば、ゴルフにおける想像力も上がりますから、メンタル的にもゴルフが上手になります。

今まで以上に注意深く観察するようにしてみてください。

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。