【飛距離アップドリルいろいろ試してみました!】手元ブレーキ打法編

【飛距離アップドリルいろいろ試してみました!】手元ブレーキ打法編

お気に入り

こんにちは! マイゴルフクラブです(´▽`)

昨日、ウェッジを注文しました!

早く使いたいです!

特に新製品というわけではないですけど、いろいろ考えた結果、『このウェッジだ!』と行き着きました。

到着したら、またご紹介します(´▽`)

さて、今回の飛距離アップドリルは手元ブレーキ打法です!

手元ブレーキ打法とは!?

手元ブレーキ打法とは!?

getty

手元ブレーキ打法とはその名の通り、手元にブレーキをかけます!

このドリルは

①ヘッドを走らせるというイメージがどうしてもわかない。
②スライサー

の方にオススメのドリルです(´▽`)

ゴルフクラブのヘッドを加速させる(ヘッドスピードを上げる)ためには、手元のスピードを落とさなければならないのです!

手にブレーキをかけて、ヘッドが手を追い越していくイメージです!

ちなみに、ブレーキをかけるポイントは人によってイメージが変わりますが、だいたいシャフトが時計の9時を指したあたりからです。

検証データ

検証データ

上が手を速く振ったスイングで、下が手元にブレーキをかけてヘッドを加速させたスイングです!

ヘッドスピードは微増ですが、手を速く振ったスイングがすべてスライス回転になっているのに対して、手元にブレーキをかけて振ったスイングはすべてフック回転になっています!

これがつかまったボールと呼ばれる弾道です(´▽`)

平均飛距離も10ヤードくらい飛んでます!

まとめ

まとめ

getty

スライスで悩んでいる方は手を速く振って、ヘッドを返そうとしている傾向があります!

しかし、腕とゴルフクラブの長さは手を返すだけでは間に合いません。

そこで、手にブレーキをかけてヘッドを先行させると、つかまったボールが打ちやすくなります!

スライスには様々な要因があるので、これだけで治るとは限りませんが、ぜひやってみてください(´▽`)

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

それでは、また次回に!

お気に入り
マイゴルフクラブ

はじめまして( ´ ▽ ` ) ゴルフショップ14年間勤務で得た商品知識とフィッティング技術、クラフト技術とUSGTFレベル2のティーチング資格を活かして2019年5月から上達したいゴルファーを応援するマイゴルフクラブと、インターネット上の商品販売でゴルファーを応援するマイゴルフショップを設立しました! 新製品ゴルフクラブの試打記事やスイングに関する記事で、皆さんのお役に立てればと思っています。 ゴルフの腕前はエンジョイゴルファーです( ´ ▽ ` ) よろしくお願い致します! https://my-golf.club

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH