ゴルフの持ち球意識調査 みんなの意見は?

getty

ゴルフの持ち球意識調査 みんなの意見は?

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

先日ゴルフの持ち球について、どんなボールを持ち球にしたいのかアンケート記事を書かせていただきました。

読者の皆様から持ち球についてご意見を頂戴したので、こちらで紹介させていただきたいと思います。

聞いてみてなるほど納得なご意見がたくさんありました。

ストレートがいい! ドローより安定しそう

ストレートがいい! ドローより安定しそう

getty

【ペンネーム:じゃじゃ丸様からのメッセージ】


ドローは魅力的だと思うんですが、曲がり幅が一定ではないのと、ランが出やすいためにフェアウェイを外す恐れがありそうなのでストレートがいいと思っています。

ストレートでもコースを突き抜けたりすることもあると思いますが、曲がらない分ストレートのほうがリスクが少ないと思っています。

なるほどー。これはたしかに納得の意見。せっかくフェアウェイをとらえてもランが出やすい特徴があるドローボールはラフまで転がってしまうことも多々あります。

そしてドローの曲がり幅をきっちり揃えるのはなかなかアマチュアには難しい芸当ですよね。

ならば曲がらず距離も計算ができそうなストレートを持ち球にしたほうが、というご意見でした。

フェードがいい! クラブが上から入りやすい

フェードがいい! クラブが上から入りやすい

getty

【ペンネーム:ドリンカー様からのメッセージ】


ドローだと下からあおるような打ち方になる場合もあるので、クラブが上から入りやすいフェードを持ち球にしたほうが、あらゆる傾斜のあるコースに対して実戦的と考えています。

ドローボールは下から打ち上げるようにすると打ちやすく、クラブが下から入りやすくなりますからね。逆に上から打ちこんでいくアイアンと同じようにスイングするとフェードの持ち球になりやすいでしょう。

たしかにどんな傾斜でも上からヘッドが入ったスイングのほうが、どんな場面でも安定して使えそう。なるほど納得のご意見でした。

ストレートがいい! 打ちたい方向にきちんと打ち出したい

ストレートがいい! 打ちたい方向にきちんと打ち出したい

getty

【ペンネーム:とし様からのメッセージ】


まずは打ちたい方向にきちんと構えられて、その方向に打てることが基礎だと思いストレート中心に練習しています。

ドローもフェードも曲がり幅を調整できる腕前ではないので。

ちゃんと狙った方向に打ててこそ、という考え方が基礎となっているのでしょうね。

ストレートボールは実際にはなかなか難しいとは言われていますが、そこを目指すのはボールを安定させるのに効果的になってくるかもしれませんね。

狙った方向に打ち出せる技術が備わってくると、大きくスコアが縮まりそうです。

ドローがいい! なんかかっこよくないですか?

ドローがいい! なんかかっこよくないですか?

getty

【ペンネーム:ジューンブラインドホール様からのメッセージ】


ドローって聞くと上級者な感じがしてかっこいいと思います。だからドローを持ち球にするべくがんばってます。

それに飛距離もフェードより出るみたいなので、飛距離のアドバンテージもあるかな? と思ってます。

ドローボールはやっぱりかっこいい! というこちらのご意見。その気持ちよーくわかります。そこは合理性とか理屈じゃないんです。ロマンですよね、ロマン!

ロマンがあって飛距離も伸びる、やっぱりドローはかっこいい!?

持ち球は「みんな違ってみんないい!」

持ち球は「みんな違ってみんないい!」

getty

ゴルフの持ち球についてはどれがいい、どれが悪い、というものではありません。まして練習して目指すところはそれぞれ考え方があって然るべきでしょう。

自分の信じたボールを愚直に追い求めていけば、いつか花咲く日がくるかも!?

上手くなればなるほど、ゴルフは1打を縮めるのが大変なスポーツです。自分の信念に従ってベストスコアを更新できるように日々努力していこうじゃありませんか。

アンケートにご協力いただいた方、ありがとうございました。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG