【鹿又芳典×小林伸太郎プロ】ギアでお悩み解決!Vol.3〜ラウンド後半のピンチを救う〜

【鹿又芳典×小林伸太郎プロ】ギアでお悩み解決!Vol.3〜ラウンド後半のピンチを救う〜

お気に入り

男子プロ随一のギアマニア小林伸太郎プロと、カリスマクラブフィッター鹿又芳典!

ギアについて語らせたら右に出る者はいない、2人のゴルフ談義。

アマチュアゴルファーの悩みを持ち込むのは、ゴルフ歴20年以上、放送作家/漫画原作の「チキン☆ウイング」さん。

第3弾はあの方のお悩みだそうですが……?

3人の愉快な掛け合いにもご注目ください。

今回もギアでお悩み解決してやるんだぁ!

今回もギアでお悩み解決してやるんだぁ!

チキン ゴルフの悩みなんてなぁ、すべてギアで解決できるんだよ! べらんめえ!

チキン と豪語するお二人に……。

鹿又 (豪語はしてないし)

小林 (そんな“べらんめえ口調”じゃないし)

チキン また、チョロいお悩みが届いています。

鹿又 (この人のガラの悪さを何とかしたいというのが、ボクの悩み)

小林 (チキンだけに鶏ガラですね!?)

浜田ブリトニーさんのお悩み

チキン 今回、お悩みを寄せてくれたのは、漫画家の浜田ブリトニーさんです。

チキン ホームレス漫画家として注目を浴びたのは早10年以上も前。最近では、出産して一児のママになったことが話題になるなど、立派なオトナに。ウィキペディアを見ても、しっかり40歳オーバーと書かれておりますから、もうゴルフを楽しむ適齢期!

小林 ゴルフはやっているんですよね?

チキン やっているんです! それどころか、あの超有名ゴルフ雑誌『アルバトロスビュー』で連載漫画を描いていたこともあるという、いわば「ゴルフ業界人」!

チキン 何を隠そう、その連載漫画の企画/原作はボクなんです(※別のペンネーム「わたなべ桃太郎」名義)。彼女をゴルフの世界に引きずり込んだ……いえ、導いた責任も感じておりまして、ぜひ彼女には上手くなってもらって、ゴルフの魅力を発信してもらわないと、と思う次第です。

チキン 勝手知ったる仲なので「ブリトニー」と呼ばせてもらいます。

鹿又 で、お悩みは?

チキン ずばり!『ラウンドの後半、疲れちゃうんですがどうにかなりませんか?』

鹿・小 !!

チキン ふふふ。これにはさすがにビックリしたでしょう!「疲れ」という生理的かつ、パーソナルな問題をギアで解決してほしいという奇想天外な悩み。

チキン シャッポを脱いじゃいますか? すべての悩みはギアで解決できる、なんて言ってすみませんでした、と。

答えは……

答えは……

小林 簡単ですよ(サラッと)。

チキン ほえ?

小林 出産後に筋力が落ちてオーバースペックになっているんですよ。

チキン 一発回答!

小林 いえいえ、まだ答えになっていないです。ギア的に処置を提案しないと。やっぱり軽くするのと短くするのが王道です。

鹿又 ただ軽く短くしたときに、飛ばせなくなるし上がらなくなるので、ちょっとゴルフが大変になって余計疲れるかも……。

小林 そうですね。なので、普通のアイアンじゃない選択をするのも手ですよね。

チキン 普通のアイアンじゃない? というと……。

小林 中空アイアンです。

チキン 中空! アイアン型のハイブリッドみたいな感じですか!?

小林 ええ。それなら、ソールも広いからある程度ミスにも強くなるし、ボール初速も、ロフトに近い高さも出るし、みたいな感じですかね。

チキン なるほど。高さ(キャリー)が出るのは、力の弱い女性のゴルフには助かりますよね。

小林 はい、最近は“飛び系アイアン”が流行ったりしてロフトが立ってきていますけど、長い番手は非力な女性だと球が上がらないので、中空アイアンでロフトが寝ているものがあればどんどん使ったほうがいいです。女性は特に。

鹿又 極論を言えば、パワー不足に悩む女性はもうショートウッドかユーティリティを揃えて、もうアイアンいらない、くらいの勢いですね。

チキン 最近、冗談みたいな、ウェッジ並みのロフトのウッドもありますよね(例えば、こんなの↓)。

楽天ゴルフ

鹿又 アイアンは9番とウェッジがあればいいんじゃない?

チキン ウッドだらけ! そんなバッグ見てみたい! 朝のキャディーさんのクラブ確認のとき、「ウッド10本にアイアン3本ですね?」ってなるわけですね。

ポイントはスタンスとコースマネジメント!?

ポイントはスタンスとコースマネジメント!?

チキン ちなみに、小林プロ。ブリトニーは疲れてくるとミスが増えるとのことなんですが、打ち方で対処するなら、何かありますか?

小林  ミスの要因は疲れてくると、体が回りにくくなるのが一番でしょうね。で、下半身が切りにくくなるんです。ですので、あまりワイドスタンスにせずに、スタンスを狭めるのがオススメです。

チキン スタンスをせばめる!?

小林 そうです。そうすることで、下半身の可動域が広がるとともに、肩も回りやすくなります。

チキン なるほど! 疲れたら「ナロースタンス」、覚えておくぜ、このナロー!

鹿・小 ……。

鹿又 疲れてます?

チキン あ、じゃあ、ここからはスタンスを少しせばめます、はい。

小林 あとですね、「コースマネージメントで疲れに対処する方法」もありますよ!

チキン おお! それもプロっぽい! どんなマネージメントですか?

小林 ずばり! カート道の見極めです!

チキン は!? カート道!?

小林 カート道に近いほうに打っていくということです!

チキン ?

小林 ほら、そうすれば、カートとボールの往復距離が減るので楽になる、って寸法です。

チキン ……プロ、疲れてます?

小林 (※黙ってスタンスをせばめる)

鹿又 カート乗り入れOKのコースを選ぶ、なんてのもいいですよね!

チキン ……。

鹿又 (※黙ってスタンスをせばめる)

さらに深いお悩み

さらに深いお悩み

getty

チキン えと、皆さま、お疲れのところ恐縮ですが、実は、ブリトニーからはもう一つ悩みが届いておりまして……。

鹿・小 伺いましょう!(スタンスを元に戻して)

チキン いわく「バンカーがパねえ!」とのことです。

鹿・小 はあ?(パねえ?)

チキン ハンパなく苦手、ということです。「バンカー入ったら死にたくなる」と。

チキン 彼女も親になりましたし、命は大事にしてほしいと思うので、ぜひ解決お願いします。

自分のミスのパターンを見極めよう

自分のミスのパターンを見極めよう

小林 女性で多いミスは「2通り」あって、それぞれ対処法が異なるんです。

チキン 2通りとは?

小林 砂にはじかれちゃって、ウェッジが砂に入っていかないのが1つ。

チキン そうするとトップしてボールが上がらず脱出できない、ってことですね。なんなら、アゴに近づいちゃってより状況が悪化する、みたいな。

小林 もう1つが、逆に砂に刺さっちゃってボールが飛ばないパターンです。

チキン なるほど。たしかに両パターン、よく見る気がします。

チキン ではまず、「砂が入っていかない場合」はどうしたらいいんですか?

小林 それは、やさしいと言われているウェッジを“使わないこと”です!

チキン !?

小林 俗にやさしいといわれるウェッジはワイドソールなものが多いんです。そういうものではなく、逆にソール幅の少ないものを僕はオススメしたいです!

チキン はいはい! そうすると、たしかに砂に入りやすいイメージ湧きます!

小林 砂の質にもよるんですけどね。砂が固くて、跳ね返されそうなときにも有効ですね。

飛ばすにはクラブに仕事をさせる

飛ばすにはクラブに仕事をさせる

楽天ゴルフ

チキン では、次に「砂に刺さっちゃうパターン」の場合は?

小林 その場合は、ロフトが立っているウェッジを選ぶほうがいいと思います。

チキン ほう! じゃあ、常にサンドウェッジという選択ではないほうがいいのかもしれませんね。

鹿又 あと、キャロウェイの「シュアアウト」みたいに、ソール幅が広いモデルを活用するの一つの手です。

チキン 「シュアアウト」!? どういった特徴があるんですか?

鹿又 砂に入っていかないんじゃなくて、入らなくても打てるというタイプですね。

小林 たしかにそれもありですね! 砂に刺さっちゃう人は、砂に入った瞬間にパワーがなくなっちゃってるから飛ばないんですよ。男性はそこから力でもっていけるから出るんですけど、「シュアアウト」のような、“ホームランを打てるようなサンドウェッジ”は女性にいいかもしれませんね。

チキン 男性が怖がる「バンカーからのホームラン」で距離を出すということですか! それもまた斬新な発想ですね!

最悪の場合は……

最悪の場合は……

getty

鹿又 あと、女性にオススメの方法としては、ちょっと重いウェッジを使うことですね

チキン 重いウェッジ!?

鹿又 パワーのない人に、軽いクラブで飛ばせっていっても飛ばせないんですよ。だからメンズのヘッドに軽量シャフトを入れて組むのもありです。

鹿又 ヘッドの重さを利用してボールの手前にバンって落とせば、意外とボールが飛ぶから、ウェッジだけそういうものを入れるのも面白いですよ。

チキン いろいろな方法があるのは、いいですね。

チキン それでも出なかったら、新ルール頼みですよね! 2019年から改定になった「2打罰で後方線上のバンカー外に出す」っていうルールを活用してもいいのかな、と。バンカー越えになるのがプレッシャーでしょうけど(笑)。

鹿又 あとは子供と一緒に歩けと(笑)。

小林 と練習ですね。

チキン そうですね! 頑張って体力つけて練習すれば……って、この連載は“ギアで解決”しましょうってのが狙いなんだから、体力とか練習とか言っちゃダメです!

鹿・小 (自分たちで首絞めてない・・・よね?)

――第4回に続く――

案内人紹介

案内人紹介


小林 伸太郎(こばやししんたろう)
群馬県の榛名町(現高崎市)で生まれ育ち、両親の影響でゴルフを始めた。高校はゴルフ部のある栃木県の佐野日大に進学。ここで腕を上げ、3年時には『日本ジュニア』を制するまでになった。東北福祉大学3年の2007年には『日本アマ』制覇。現在シニアツアーで活躍する田村尚之との決勝は41ホールに及ぶ熱戦だった。

プロ入り後はツアー出場権をつかめないまま月日が流れた。それでも14年のQT(クォリファイングトーナメント)で自己最高の7位に入ると、翌15年は自身2試合目の『日本プロ』で4位。これを足掛かりに7年目で初シードをつかんだ。16年は初戦の『SMBCシンガポールオープン』で日本人選手最高の4位と好発進。『マイナビABCチャンピオンシップ』では初めて単独首位で最終日を迎え、惜しくも優勝した片山晋呉には1打及ばなかったが自己最高の2位に入る。17年は賞金ランク103位に終わり、シードを手放してしまった。

https://www.jgto.org/pc/PlayerProfile.do?playerCd=15566


今期はAbemaTVツアーと、アジアンツアーを主戦場とする小林プロ。海外への意欲も高い。

お気に入り
Gridge編集部

Gridge編集部による独自取材の記事を配信していきます!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA