ナイスショットばっかり求めて、スコアを悪くしていない?

getty

ナイスショットばっかり求めて、スコアを悪くしていない?

お気に入り

「ナイスショット」は、打てた時は非常に満足できますよね。

しかし、なかなかナイスショットを実際のラウンドで打つことはできません。

むしろナイスショットに固執し過ぎてしまうと、スコアが悪くなってしまう可能性だってあるんです。

スコアをよくするためには、どのようにナイスショットと向き合っていけばいいのでしょうか?

ナイスショットでスコアを組み立てていない!

ナイスショットでスコアを組み立てていない!

getty

我々アマチュアのゴルフにおいて、ナイスショットはどれほど出るのでしょうか?

一度以前のラウンドを思い出してみてください。多分、その数は半分も出ていないのではないですか?

しかし、その一方でスコアは極端に悪くなくないですか?

実は、我々アマチュアゴルファーのレベルだと「ナイスショット」ではなく「まあまあのショット」がスコアを決定づけているのです。

逆にスコアを悪くしているのはマネジメント等を含めたすべての「ミスショット」になります。

【ナイスショットがいつもより多い=スコアが良くなる】

この図式はアマチュアゴルファーにおいては成り立たないケースが多い、ということを認識しておいてください。

まあまあのショットを前提にプレーする

まあまあのショットを前提にプレーする

getty

ナイスショットがスコアに関係ないのであれば、どのようにプレーするべきなのでしょうか?

重要なのは、「無理をしない」こと。

例えば200ヤード打てばクリークを越えられるセカンドショットがあるとしましょう。

この時、ナイスショットを前提に考えれば大きなクラブを選択し、ショットしていくことになります。

しかし、フェアウェイウッドやハイブリッドなどのクラブはどうしてもミスにつながってしまいがち。

一方で、まあまあのショットを前提に考えてみてください。

「ミスするかもしれない」と想定したらショートアイアンで刻むという選択肢になりますよね。

その場合、ミスしても大きな痛手にはなりませんし、次のサードショットで十分にクリーク越えを狙えるでしょう。

このように、まあまあのショットを前提に考えれば大きなミスにはつながらない上にスコアやメンタル面でもいい効果が期待できるのです。

ナイスショットを期待しない

ナイスショットを期待しない

getty

自分の実力をしっかりと把握していれば、ナイスショットを打つ確率がクラブごとによってある程度予想できるでしょう。

様々な状況から考えて、ナイスショットが打てる状況なのか、またその確率はどれくらいなのか判断してプレーすることができると思います。

また、ナイスショットに期待し過ぎないことで、ミスした時に備えたクラブ選択やショットを行うことができますし、メンタル的にも「仕方ない」と切り替えることができますよね。

あまり自分を追い込まず、まあまあのプレーをすることを心がけてみてはいかがでしょうか?

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人