ナイスショットはナイスアドレスから。アドレスの練習をしよう♪

getty

ナイスショットはナイスアドレスから。アドレスの練習をしよう♪

こんにちは。

kengolfです。

今回は、アドレスの練習をしようというお話です。

皆さんの参考になれば幸いです♪

練習場で試してみる。

ある程度ゴルフをやっている方ならわかると思うんですが、コースに出ると、自分の打ちたい目標に向かって構えにくいホールや場所があると思います。

コース内のティーグラウンドは、やや右を向いていたり、左を向いていたりするホールも少なくありません。

そんな時に自分の思うようにボールを打つためには、コースの景観に惑わされず、自分の打ちたい方向に向かって構えることが重要です。

練習場でアドレスの練習をしてみる。

横幅の広い練習場を選んで、人が少ないときに極端に右を向いたり、左を向いたりしてボールを打ってみましょう。

※練習場が混雑している時や、横幅の狭い練習場などでは、危ないので遠慮しましょう。

何となく、左に向いたほうがミスショットが出やすい、右を向いたほうがつかまえる球を打ちやすいなど、人それぞれ傾向が出やすいと思います。

コースに出た際の、自分のクセを知ることができます。

左右を利用してみる。

慣れてくると、目標より少し左を向いたほうがまっすぐが打ちやすいとか、左を向き過ぎるとスライスが出やすいなど、自分の傾向がわかってきます。

コースに出た際、比較的横幅が広いホールでその傾向を利用してボールを打つようにすると、マネジメントの幅が広がります。

ドライバーだけでなく、サンドウェッジでのアプローチでのアドレスもしっかりとチェックしていくと、グリーン周りのアプローチが上手くいくようになるはずです。

ぜひ、練習場の空いている時間などを利用して、右、左の目標方向に向かって打つ練習をしてみてください。

皆さんの参考になれば幸いです♪

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×