【一流ゴルファーの証】ロレックス契約の海外男子プロゴルファーとは

getty

ライフスタイル

【一流ゴルファーの証】ロレックス契約の海外男子プロゴルファーとは

0

ゴルフ界の海外男子プロには、大勢のロレックスユーザー・ロレックスファンがいます。

ここではその中でもロレックスを愛したトッププレーヤーを4人紹介させていただきます。

ロレックスに興味がある人は是非最後までお付き合いください。

タイガー・ウッズとロレックス

ゴルフの海外男子プロには、大勢のロレックスユーザーがいます。

ゴルフに興味がないという人にも認知されているタイガー・ウッズ選手もその内のひとりです。

タイガー・ウッズ選手は2011年にスキャンダルが明らかとなり、イメージダウンしたのにもかかわらず、ロレックスがスポンサー契約を結んだことで大きな話題となりました。

その時ロレックスは「タイガー・ウッズの未来への挑戦を支援し、共に歩んでいきます」というコメントを出したことも印象的でした。

ジョーダン・スピースもロレックスユーザー

海外男子プロの間ではメキメキと頭角を現してきた、ジョーダン・スピース選手も、ロレックスユーザーとして有名です。

このジョーダン・スピース選手は、左利きでありながら右打ちスイングと、変則的ながらも全米ジュニア大会を2度も制覇してしまうなど、アマチュア時代から大きな話題となっていました。

若くして成功を収めた彼は主にオフの時ではありますが、頻繁にロレックスを付けている姿が目撃されており、最近ではロレックスの公式サイトにも写真が掲載されていました。

アダム・スコット選手が憧れたロレックス

アダム・スコット選手も、ゴルファーとして輝かしい歴史を持った海外男子プロの1人です。

また、彼もロレックス好きを公言しており、ロレックスの公式サイトにも名を連ねております。

彼は、地元の英雄グレッグ・ノーマン選手に憧れて、ゴルフを開始しました。

そして、2001年に参加した欧州ツアーではいきなり優勝してしまうなど、タイガー・ウッズならず、「ホワイトタイガー」との異名で、ゴルフ界で大きな注目を集めました。

ジェイソン・デイ選手とロレックス

ジェイソン・デイ選手は、父親がオーストラリア人母親がフィリピン人のハーフで、6歳のころからゴルフを始めたそうです。

生まれ持った天性の才能を発揮して、2004年には全豪アマチュア選手権を制覇し、更に世界ジュニア選手権でも優勝を収めました。

2007年には海外男子プロの仲間入りを果たし、同年のネイションワイドツアーの大会でプロ初優勝、一躍トッププレーヤーの仲間入りをしました。

彼がロレックスをつけ始めたのも、丁度この時期のようです。ロレックスもスポンサーとなり、ジェイソン・デイ選手を全面的にバックアップしているようです。

ここまで海外の男子プロとロレックスについてお話をしてきましたが、いかがでしたか?

ロレックスは所謂成功の証とも思えてしまいますが、これだけのトッププレーヤーが使っているのを目の当たりにすると納得してしまいますね。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【一流ゴルファーの証】ロレックス契約の海外男子プロゴルファーとは

カートに追加されました。


×