ゴルフは仕事に通ず!〈6〉どちらも計画的性が大事です!

getty

ライフスタイル

ゴルフは仕事に通ず!〈6〉どちらも計画的性が大事です!

0

ゴルフと仕事の共通点を考えながら、ゴルフが仕事に役立つということをお話しています。

仕事をしていて、計画的に物事を考えて、それが計画通りに運んだ時の充実感は、この上ない喜びでしょう!

ゴルフも同じで、いろいろと考えて攻めて、1ホールでも上手くいけばそれも喜びでしょう!

今回は、ゴルフも仕事も、計画性を持って臨まないといけない! という共通点から見ていきましょう。

仕事における計画性は、当たり前のことですよね!

どんな仕事でも、それが大きな仕事・小さな仕事であれ、その大きさに関係なく仕事に着手しようとする際には、その仕事をきちんと成し遂げるために、様々なことを準備しなければなりません。

それは、仕事の内容によって異なると思いますが、スケジュール・資料作りはもちろんのこと、この仕事を上手く進めるために必要なキーマンを考えて、その人に賛同を得られるように手を尽くして、努力することが必要です。

この点で手を抜いたりすると、途中で思いもよらない落とし穴に落ちることにもなりかねません。

こんなことは、仕事をしながらゴルフの上達を目指している方には、十分理解していると思います。

でも、仕事で緻密に計算して計画性を持って取り組んだ結果、自分の思い通りに進んだ時の充実感は、ゴルフで上手くいった時の気分と、同じではないでしょうか!

ゴルフもまったく同じで、ゴルフ場全体・各ホールの攻め方を考えるという計画性がないとダメです!

一方で、ゴルフはどうでしょうか?

プレーをする際に、何も考えずに漫然とプレーすることはありませんか?

ショットをしてしまってから、「えっ、ここにバンカーがあったの?」と気づくこと!

こんな形状になっていたのか? と気づくことはありませんか?

このようなことは、まったく計画性のないゴルフの典型だと思います。

ゴルフプレーでは、計画性を持ってプレーして、ここは絶対に避けるべきだとわかっていても、それを100%避けることはできません。

なぜなら、ミスのゲームであるゴルフでは、ショットをすべてコントロールすることができないからです。

しかし、最初から何も考えずに計画性もなく漫然とプレーするのと、一応計画性を持ってプレーするのとでは、大きな違いがあります。

仕事で計画性がなくて失敗するのと同じで、何も考えずにプレーするとミスします!

目の前のホールをよく見て、そのホールの攻め方を計画してから、ショットに入ればミスを最小限にすることができます。

ところが、何も考えずに漠然とショットしたり、他の余計なことを考えて、計画性なくショットをすると、大きなミスが出ることがあります!

皆さんはそのような経験はありませんか?

私は、先日、余計なことを考えながら、ホールのことなど考えずにショットをして、取り返しのつかないミスをするという経験をしました。

ゴルフでも、仕事と同じように、計画的に考えてプレーをするようにしましょう!

そうすることで、ミスを少しでも防止することができるのです!

この「計画性が大事だ!」という点では、ゴルフも仕事も一緒です!

さあ、考えましょう!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ゴルフは仕事に通ず!〈6〉どちらも計画的性が大事です!

カートに追加されました。


×