実戦で役立つ!フェースを開いて距離を落としながら目標方向に打つ方法!

よく「フェースを開く」という言葉を聞きますが、そもそもなぜフェースを開くのでしょうか?

ゴルフというスポーツは自然を相手に行うもの。向かい風や追い風、上りや下り、目標までの距離など毎回同じ条件でボールを打てるということはありません。

距離や状況に応じてクラブを選ぶことはできます。しかしルール上、バッグに入れて良いクラブの本数はパターを含めて14本までと決まっています。

ほとんどの場合「帯に短し、襷(たすき)に長し」で、手持ちのクラブがぴったり条件にハマることはなかなかありません。

距離の調整

距離の調整

getty

ゴルフを始めたばかりの頃は、飛距離の調整を力加減でしようとする傾向があります。

しかし、飛距離を力の入れ具合だけで調整するには、実はとても高い技術を必要とします。

では番手は変えずに、しかも力加減はいつもと同じで、距離を調整するにはどうすればよいのでしょうか?

例えばスクエアに構えてフルスイングした時に100ヤードの距離が出るウェッジで、90ヤード先のターゲットを狙う場合の調整方法について考えます。

選択は主に次の2択になるでしょう。

●グリップを短く持つ
●フェースを開く

※ハーフスイングなどは「力加減の調整」とみなし選択肢から外しました。

どちらも「いつもと同じ力加減」で打った場合、理論上飛距離を落とすことができます。

が! グリップを短く持つといつも握っている箇所より細いところを握ることになるので、微妙にタッチが狂うことがあります。

しかし、フェースを開いて距離を調整をすれば、グリップの位置はいつもと同じでOK!

力加減も同じでスイングができるので、グリップを短く持つ方法よりは比較的「いつもの感じ」で距離の調整ができます。あくまで理論上。

方向の調整

方向の調整

getty

距離の調整はフェースを開くほうがより「いつものスイング」ができそうでしたが、次に「方向」の調整を考えてみましょう。

クラブを短く持つ場合は、オールスクエアに構えられるので方向性は安定します。

ところが、フェースを開くとどうしてもクラブフェースは右方向を向いてしまいます。

この時にフェースの向きを調整する方法、ここが本コラムのポイントとなります!

クラブとボールの準備はよろしいですか?

簡単なフェースの向きの調整

簡単なフェースの向きの調整

getty

よくフェースを開いて打つ場合「スタンスをややオープンに構えて」という説明を目にします。でも、これだとどれくらいオープンにすればよいかわかりにくいですよね。

そこで、どこまでオープンにすればよいか、言い方を変えると、フェースを開いた時のクラブフェースの向きの正確な調整方法をお教えいたします。

1.オールスクエアに構える(いつも通り)

2.フェースを開く(打ちたい距離によって開き具合が違うので、自分の距離を練習場で確認してください。スクエアに構えてフェースを開くとフェースは右に向きます)

次が重要です! 開いて右を向いてしまったクラブフェースを打ち出したい方向に調整する方法が次のステップです。

3.「フェースを開いたまま」、「アドレスは崩さず」に、「ボールを中心に」、「フェースの向きが打ちたい方向になるまで」、半時計回りに「ちょこちょこ」とアドレスを移動させます。

意味はわかりましたでしょうか?

結果的にオープンスタンスになるのですが「クラブフェースが打ち出し方向に向くまで」アドレスを移動するので、「やや」ではなく「正確」なオープンスタンスを作ることができます。

フェースを開いて打つ方法

フェースを開いて打つ方法

getty

さて、いよいよ最後はスイングの方法です。

フェースを開いて、アドレスでフェースの向きの調整が終わったら、あとは打つだけです!

この時の注意点は、クラブを打ち出したい方向(フェースの向き)に振り出すのではなく、スタンスに対してスクエアにスイングしてください。

つまり、スタンスはオープンで打ち出し方向に対して左を向いているので、当然スイングも左に向かって行うことになります。

イメージとしては、身体は左向き、スイングも左に向かって行いますが、フェースは正面を向いているので、結果的に真っすぐ目的方向に飛んでいき、距離だけが短くなるということになります。

打ちたい方向ではない所に向かってスイングをするので少し勇気がいりますが、ここはフェースの向きを信じて「いつもの」スイングをしてみましょう!

まとめ

最後に少し極端な例となりますが、ジェイソン・デイのアプローチショットをご覧ください。

カップに対してアドレスはかなりオープンスタンスになっています。よく見るとフェースは大きく開いてカップに対してまっすぐ向いています。

そして、スイングは画面上では30度くらい左に向かってスイングしているように見えます。

しかし、ボールはフェースの向き、つまりカップに向かって飛んでいっていますよね。

この反時計回りにチョコチョコ回転してフェースの向きを合わせる方法は、バンカーショットでも有効ですので、ぜひお試しください。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >