中古ゴルフクラブを購入するときのチェックポイントはココ!

getty

中古ゴルフクラブを購入するときのチェックポイントはココ!

お気に入り

中古ゴルフクラブはコスパが良くて非常にオススメですが、購入するに当たってポイントがありますので、それをご説明していきたいと思います。

中古ドライバー購入のポイント

中古ドライバー購入のポイント

getty

見た目を気にしなければ、ヘッドに傷や凹みがあるクラブが格安になっておりますのでオススメです。

ヘッドの外観上の傷や凹みは、ほとんど性能に影響を及ぼすようなことがありません。

完全に見た目だけですので購入しても問題ないかと思います。

ただし、傷といってもフェースがひび割れている傷はダメです。

ボールを打っていると最悪フェースが割れてしまう可能性がありますので、フェースの傷については良く確認するようにしましょう。

中古アイアン購入のポイント

中古アイアン購入のポイント

getty

アイアンのヘッド付近の錆についてお話ししていきます。

私個人的に考えていることですが、ヘッド、フェース、ソールともに錆がついていても性能的に問題ないと私は考えています。完全に見た目だけの違いです。

正直なところ、ソールの凹みも多少の凹みであれば問題ないと私は考えます。

別に多少凹んでいたからって、抜けが悪くなるなんてことありません。

フェースの溝については良く確認しておきましょう。

溝が新品状態とまったく違うとわかるくらい減っていたら購入は見送ったほうがいいですが、多少の錆については問題ないので、それで安くなるのであれば買いです。

グリップについて

グリップについて

getty

中古クラブを購入するに当たって、グリップについては必ず交換前提で考えておきましょう。

予算の考え方として、中古アイアンにグリップ代1本1000円×本数は追加でかかると想定して、トータル予算を決めておきましょう。

グリップはゴルフクラブの中でも非常に重要な要素です。

グリップが効かない状態(グリップ力がなくなった古いグリップ)でスイングをしていると、無駄な力みが入り、スイングがスムーズに流れていかなくなってしまうことがあります。

ですので、グリップは必ず交換前提で考えておくようにしましょう。

お気に入り
くろ

ゴルフ歴15年、ベストスコアは74です。 ゴルフスクールに通って3年でベストスコア74を叩き出した知識と技術を記事にしていきます。 2018.12.1ライターデビューです。 記事にたいしてご意見や批判が出てくるかもしれませんが、一意見として捉えていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。 https://kulog-affiriate.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人