体の小さい女子プロが、アマチュア男性よりドライバーを飛ばせる理由
ゴルフスイング

体の小さい女子プロが、アマチュア男性よりドライバーを飛ばせる理由

0

今年から、日本女子ツアーでもドライビングディスタンスの計測が始まりました。

それで見てみると、ちょうど真ん中あたりの選手で230ヤードくらいですね。(2017.3.21時点)

対して男性アマチュアゴルファーは、だいたい210から230ヤードあたりと言われています。

キャディさんの友達がいるのですが、各ホール、レギュラーティーから230ヤード地点に吹き流しが置いてあるのですが、それを超えてくる人はほとんどいないと言っていました。

身長も力も、アマチュア男性の方が有利なはずなのに、それよりも飛ばす彼女たちのドライバー。

その飛ぶ理由は、いったいどこに隠されているのでしょうか。

ここでは、そんな疑問を解決すべく、理由を探ってみましょう!

ドライバーの飛距離は、ミート率で大きく変わる!

ミート率とは。。。

ボール初速 ÷ ヘッドスピード = ミート率

という計算式で知ることができます。

ヘッドスピードが同じならば、ボールの初速が全て一緒というわけではないんですね。

どれだけヘッドスピードが早くても、ボールの初速が遅いとミート率は下がります。

その結果、飛距離も出ないということにつながります。

アマチュア男性よりも、女子プロゴルファーのほうがドライバーが飛ぶ理由は、ここに隠されていたんです。

ミート率の理論上の最高値は1.56となっていますが、プロゴルファーでのミート率1.48−1.50、アマチュアゴルファーは1.35-1.40くらいでしょう。

インパクトの瞬間、スイートスポットで捉えているか?

ミート率を上げるには、ボールの初速を上げる必要があります。

それには、どれだけドライバーのスイートスポットでボールを捉えているかが重要になります。

ここ最近、スイートスポットが広くなったと言いますが、それでも少し外すだけで飛距離は落ちてきます。

女子プロのドライバーが飛ぶ理由は、練習量や基礎に裏打ちされた高い技術にあったんですね。

アマチュアゴルファーでも、スイートスポットでしっかり捉えられるように、1打ごとに集中して行うようにすると、少しずつ結果がでてくるでしょう。

シャフトの逆しなりを利用して打つ!

ボールの初速を上げるには、スイートスポットで打つ以外に、シャフトの逆しなりを利用するということも大きな要因です。

ドライバーのシャフトは非常によくしなります。

トップからダウンスイングに入るときに「ムチがしなるように」ヘッドが遅れて出てきます。

そしてダウンスイングからインパクトの周辺にかけて、しなっておりてきたシャフトが「戻って、逆にしなる」という現象が起きているんです。

女子プロはこの逆しなりをインパクト時に持ってくることで、より大きな力でボールを打っています。

これがボールの初速を上げることにつながり、ボールが良く飛ぶ理由です。

ドライバーの飛距離は力じゃない、技術だ!

女子プロのドライバーが飛ぶ理由を見てみましたが、これには2つの要因がありました。

・スイートスポットでボールを捉える
・インパクトでシャフトの逆しなりを利用する

それと、今回はお話しませんでしたが…

・バックスピン量を適正にする
・打ち出し角度を適正にする

いずれも、これらは力は関係ありません。

どちらも高い技術の賜物ということが言えるんです。

飛距離が出ない!と言って闇雲に力任せにスイングしていたゴルファーの方、まずは自分のミート率を知ることから初めてみてはいかがでしょうか。

思いもよらぬ部分に、飛距離が出ない理由が隠れているかもしれませんよ。

いかがでしたか?

女子プロゴルファーのドライバーが飛ぶ理由を見てみました。

高い技術を持っていて「さすがプロ」といったところでしょうか。

しかし逆に言えば、その技術をモノにしてしまえば体格に勝る男性は、飛距離を一気に伸ばすことができるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

体の小さい女子プロが、アマチュア男性よりドライバーを飛ばせる理由

カートに追加されました。


×