いろいろな発見がある!たまには赤ティーからも回ってみよう!

いろいろな発見がある!たまには赤ティーからも回ってみよう!

ゴルフがある程度上手になってくると、「後ろのティーからやるのが上級者!」みたいな固定概念を持ちがちだけど、最近はティーショットの場所も、シニア・ジュニアさらにその前のピンクティー?(ピンクレディーやないで~)も増えています。

スコアや距離の出る出ないに関わらず、他のティーでも打ってみよう!

景色が違う!

景色が違う!

いつもフロントティーからやってる人が、後ろのティーから見ると、やけにホールが狭く見えたりすることってない?

そう、ティーの前後で景色が変わるんです。

実際にホールの幅が変化するわけではないのに、心理的圧迫感が違ってきたりします。

逆に、ちょっと前に出ただけでずいぶん広いなぁ~と感じたりもします。

景色だけの印象にとらわれると、実際の難易度以上に、自分にプレシャーを与えたりします。

実際に自分にとってのハザードは? ということに気づくにも有効です。

難易度は距離だけでは無い!

難易度は距離だけでは無い!

実際ラウンドしてみると、フロントでもバックでも、はたまたその前でも、さほどスコアが変わらなかったりすることもあります。

パーオン率が低いアベレージゴルファーだと、ミドル(パー4)の3打目をグリーン近くで打っても50ヤード手前からアプローチしても、結果は乗っけて2パットのボギー!

ということで、逆に無理しない分、スコアが安定したりして・・・。

女性ゴルファーと同じティーで

飛距離の出ない女性や初心者と一緒にラウンドするときに、一緒にレディースティーから打ってみましょう!

そのとき、その相手のドライバーの飛距離より飛ばないクラブで打ちます!

すると普段女性がどんなゴルフをしているのかが、ちょっぴり分かりますよ!

初心者といっしょなら、ティーショットの距離が同じくらいだと、乗用カートの進行上でも円滑なラウンドになります。

飛ばし命! のマン振りゴルファーも、同伴の女性と足並みを揃えるゴルフをするとモテますよぉ~!
ま、それは個人差が?(^O^;)

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×