背が高い人はどうスイングする?【身長を活かしたゴルフ術】
ゴルフスイング

背が高い人はどうスイングする?【身長を活かしたゴルフ術】

0

背が高いとゴルフの幅が広がっていいなと言われたことはありませんか?

身長は高いほうがパワーがあって、スイングの軌道も大きくなるため飛距離が伸びます。

しかし実際に飛距離は出るけどスコアが伸びなくて悩んでいませんか?

そんな背が高い人がスコアアップするためのスイングとゴルフ術を紹介します。

背が高い人はゆったり大きくスイングする

背が高い人は自然とスイングアークが大きくなるため、飛距離が伸びやすいのですが、その反面、トップしたりダフったりして飛距離に安定感が出にくい傾向があります。

これは背が高い人のスイングが縦振りになっているためで、まっすぐ飛ぶのに飛距離がバラつく人が多くなります。

飛距離が出るからといってさらにヘッドスピードを追求したスイングを目指すと、飛距離のバラつきが発生しやすくなります。

背が高い人は大きくゆったりとスイングしてみましょう。

当たりさえすれば飛距離は出ますので、スイングスピードをコントロールしきれるスピードにまで落としてみましょう。

クラブを長く持ってしっかりと振り抜くスイングを目指す

スイングのスピードを抑えると説明しましたが、コントロールばかり意識すると「縮こまったスイング」になりやすいということも頭に入れておきましょう。

ゆったりとするものの、小さくではなく大きくスイングをする必要があります。

そして重要なのはインパクトの後しっかりと振り抜くことです。

クラブを長めに握り、正確にインパクトさせた後に力まずに振り抜く。

背が高い人が失敗を恐れて小さなスイングになると、余計にミスをしやすくなります。

背の高さを活かしたダイナミックさは失わないようにしてください。

ボールを近くにセットしてみる

背が高いのに飛距離が伸びないという人は、横振りのスイングになっているケースが目立ちます。

せっかくの高身長を活かしきれていない悪い例です。

背が高いのに飛距離が出ないという人は、ボールとの距離を短めにセットしてみましょう。

ボールを遠くにセットするのは、フックやドローの練習をする過程で癖になりがちです。

背が高い人でもドローボールを打つことを諦める必要はありませんが、決して簡単ではありません。

無理に身につける必要もありませんので、まずは背の高さを活かした飛距離の出るスイングを目指しましょう。

飛距離の出るスイングばかりを追求しない

誰よりも遠くまで飛ばすことができると気持ちいいですよね。

ティーグラウンドだと周りの人たちの驚きの声に酔ってしまいそうになりますが、よく考えてください。

アマチュアなら上級者でも80~90打を打つゴルフにおいて、フルパワーでドライバーの1打目を振り抜けるホールは何回あるでしょう?

確かに遠くまで飛ばすことができれば気持ちいいですし、有利にはなります。

でも飛距離ばかり追って、アプローチを疎かにするとスコアがまったく伸びません。

スコアアップはアプローチとパターが重要です。ドライバーの練習は少なめ、苦手な短いクラブでの練習量を増やしましょう。

ゴルフはひとつの強みがあってもそれを上回る弱点があると、なかなかスコアアップにつなげることができません。

背が高い人はアプローチとパターを苦手とする人が目立ちますが、アプローチとパターなしでゴルフは成立しません。

飛距離に固執せず、総合力の高いゴルファーを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

背が高い人はどうスイングする?【身長を活かしたゴルフ術】

カートに追加されました。


×