イップスを克服したあるゴルファーの秘策とは?

getty

イップスを克服したあるゴルファーの秘策とは?

お気に入り

イップスとは、手や腕が思うように動かず、1メートルのパットを5メートルもオーバーさせたり、50センチもショートさせたりする病気のことをいいます。

パッティングだけでなく、アプローチやドライバーショットで発症するケースもあるのです。

イップスのほとんどの原因はメンタル

イップスのほとんどの原因はメンタル

getty

イップスの原因のほとんどがメンタルなものによるとされています。

いわゆる「シビれるパット」を毎ラウンド余儀なくされるプロゴルファーに多いのもそのためなのですが、アマチュアでも発症することでもあります。

厄介なのは、このイップスはそう簡単にはなかなか治らない難病であることです。

練習では普通にストロークできるのに、試合になると元に戻ってしまうというケースが多く、この難病が治らないまま引退していったプロも数多くいるのです。

脳の干渉現象を利用する

脳の干渉現象を利用する

getty

とはいえ、この病気の治療法がないわけではありません。

あるアマチュアゴルファーは、イップスの原因がメンタル、つまり、脳にあることを逆手にとって、こんな治療法にトライしてみたそうです。

それは脳の干渉現象を利用するというものです。

例えば、パッティングをするときに、「上手くストロークできるだろうか…」、「これを沈めたら優勝だ…」など雑念に支配されたりします。

しかし、脳に別の刺激を送れば、脳がそっちに反応して「スムーズにストロークできるだろうか」、「絶対に入れなくては」などいった不安や雑念から解放されるというわけです。

思い切り左腕をツネる

思い切り左腕をツネる

getty

彼が選んだ別の刺激とは、アドレスに入ったら、思い切り左の腕をツネるということでした。

そして、その痛みが消えないうちにストロークをすればいいというわけです。

効果はてきめんだったそうですが、ラウンドが終わるころには、彼の左腕は真っ赤に腫れあがっていたといいます。

どうです、試してみます?

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA