【左折禁止!】オープンスタンスでスイングすることのメリットとは?
ゴルフスイング

【左折禁止!】オープンスタンスでスイングすることのメリットとは?

0

ゴルフを上達するためにはケースバイケースでスタンスを変更していくことも大切です。

通常のスクエアスタンスのみならず、オープンスタンスやクローズスタンスをうまく使いこなせれば、よりゴルフの幅が広がっていきます。

ここではその中でもオープンスタンスに関して説明していきます。

メリットをしっかりと理解しておきましょう。

左に飛んでいきがちな人には改善につながる!

オープンスタンスのメリットとして、左に飛んでいきがちな人のショットを改善できます。

左に飛ぶ人はボールをつかまえすぎている訳ですが、オープンスタンスにすることで簡単に改善につながります。

また、スイングの軌道がアウトサイドインとなるため、フェードボールが打ちやすくなります。

つまりは自然とフックを打ってしまっている人の改善にもなる訳です。

少し左足を引いてみるだけなので、一度試しにやってみると良いでしょう。

コントロールできるようになると、状況に応じたショットが打てるようになります。

スペースが広がり、窮屈なスイングが解消できる!

スイングが窮屈になってしまっている人をよく見ます。

自分の作り上げたスイングしかできなくなっているので、融通が利かないというもったいないことに。

そんな方にはオープンスタンスをオススメします。

オープンスタンスにすることで、自分の身体より前のスペースが広くなるため、クラブをさばく場所ができ、広いスイングが可能になります。

その結果、さまざまなショットが打てるようになるのです。

バンカーショットのような場面でさらに力をして発揮できるスタンスとなります。

下半身がしっかりして、バックスイングが小さくできる!

オープンスタンスにすることで下半身が安定して、ボールにしっかりとパワーを伝えることができるようになります。

結果的に安定した飛距離を出すことができるようになるのです。

それでいてバックスイングをコンパクトにすることができるため、安定性と正確性が向上します。

しっかりとしたショットを打つ時にも利用でき、方向をしっかりと保ちたいというときにも利用できるという便利なスタンスなのです。

飛距離の調整も可能なため、メリットが多く感じられますね。

ダウンブローで打ちやすく、グリーンにピタッと止められます!

まだまだメリットがあります。

オープンスタンスにするとダウンブローで打ちやすくなります。

そうするとボールに強いスピンがかけられるようになり、グリーン上でピタッと止めることができるようになるのです。

テレビで見たようなショットが打てるようになったら、上達したなと実感できるはずです。

オープンスタンスならその手助けとなってくれるでしょう。


いかがだったでしょうか?

スタンスの向きを変えてみるだけで、いろいろと新しい発見が必ずあります。

オープンスタンスに限らず、クローズスタンスも練習場で試してみましょう。

ゴルフの向上に必ず役に立ちますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

【左折禁止!】オープンスタンスでスイングすることのメリットとは?

カートに追加されました。


×