ゴルフの敵、シャンク!でもゴルフシューズの“シャンク”は超重要!

こんにちは。足と靴の調律師の中田です。

今日は『シャンク』についてです!!

ゴルフをやってる方は、シャンクと聞くといいイメージをもたないかもしれませんが、靴にとって『シャンク』は非常に重要なものになります。

この『シャンク』がどのような効果をもたらしているのか、説明します。

靴の背骨:シャンク

シャンクは靴の背骨と呼ばれています。

このシャンクがあることで、靴にかかる体重を支えたり、地面の衝撃から足を保護したりと、非常に大切な役割を果たしています。

「シャンク」が入っている靴は、足の負担を軽くしてくれます。

ほとんどの方が「靴は軽くて柔らかいほうがいい」と思っていると思いますが、靴は硬いほうがいいです!!

シャンクの見極め方

シャンクの見極め方
自分の靴にシャンクが入っているかどうか気になりますよね。

ご安心ください!! 簡単に確認する方法があります!!

画像のように靴の先端を持って折り曲げてみてください。

上の写真は靴の真ん中から折り曲がっているのに対して、下の写真では靴の前1/3付近で曲がっているのがお分かりになるでしょうか?

これがシャンクありとなしの違いになります。

ぜひ皆さんも自分の靴を折り曲げてみてください。

では次に、このシャンクがゴルフスイングにどのような影響を与えるか?

次の項で動画を見ていただきたいと思います。

尚、スイングの動画は現役の女子プロゴルファーに協力していただいております。

シャンク無しのシューズのゴルフスイング

この動画の大きな違いは2つ。

①バックスイング時に右足が外に流れています

→バックスイング時に右足が外に流れてしまえば骨盤のスウェイなど、オーバースイングの原因にもなってしまいます。

②フィニッシュ時の左足の安定性の欠如

→フィニッシュ時に左足できちんと踏ん張ることができなければインパクト時に右足に体重が残ってしまう要因になり、ボールに自分の体重を乗せることができず、飛距離ダウンにつながる可能性があります。

このように、シャンクがあるなしでは何千何万とスイングをしてきたプロでさえスイングが大きく変わってしまいます。

まとめ

まとめ

getty

靴の中で重要な役割を持つ『シャンク』。

この機能があることであなたのゴルフを必ずいい方向にサポートしてくれるはずです。

あなたの靴にシャンクは入っていますか?

次回は『アッパー』について書いていきたいと思います。
お気に入り
足と靴の調律師 中田翔

厚生労働省に認可されたリハビリテーションの専門家理学療法士として15年外来のクリニックに勤務しており、足の疾患を専門にオーダーインソールを作成。(延べ1000人以上) インソール作成された中には、ツアー参戦中のプロゴルファー、プロバスケット選手実業団選手など。 また、靴とインソールに特化した資格NPOオーソティックソサエティ認定フットケアトレーナー、FSIオーソペディシューカウンセラー、シューフィッティングアドバイザーを取得している。 現在は、理学療法士や柔道整復師や地域の小中学校やゴルフフィットネスクラブに赴き、靴の重要性を知ってもらうためにセミナー活動を行っている。 https://www.facebook.com/shou.nakata.7

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
ダンロップゼクシオの日200801-0901

カートに追加されました。


フォーティーンIF700FG 200716-816