バックスイングは、肩を回す意識よりも胸を右に向ける意識で

getty

ゴルフスイング

バックスイングは、肩を回す意識よりも胸を右に向ける意識で

0

ゴルフスイングの成否を決めると言われているのがバックスイングです。

一般的によく言われているのが、「バックスイングでは肩を回しなさい」ということですが、この言い方は誤解を招きやすい表現かもしれません。

呼び止められて、右に振り向くイメージ

肩は腕、そして手へとつながっています。

そのため、「肩を回しなさい」と言われると、腕と手も一緒に回してしまうゴルファーが多いのです。

その結果、バックスイングを極端にインサイドに引くことになり、プッシュアウトや、それを嫌がってのチーピンが出やすくなります。

中島常幸は「誰かに呼び止められて、右に振り向くのがバックスイング」だと言っています。

人に呼び止められたときに、肩を回そうと意識する人は少ないはずです。

普通は声が聞こえるほうに胸を向けますよね。

胸を回す意識のほうが捻転は深くなる

バックスイングもそれと同じことです。

肩ではなく、胸を回すという意識のほうがいいという理由は、そのほうが手や腕が勝手に動く余地が少なくなるからです。

さらに胸を回すという意識があると、上体全体を捻ろうとします。

そのために腹筋や背筋も使わざるを得なくなり、捻転が深くなるのです。

捻転が深いと、股関節にパワーが溜まる

そうして捻転が深くなると、それだけ右の股関節にパワーが蓄えられます。

そのパワーを逃がさないためには、あらかじめアドレスで股関節を入れておき、その状態をトップまでキープしておくことが必要です。

というわけで、ゴルフスイングが最初から最後まですべての動きが連動していることが理解できたことでしょう。

ことスイングはテークバックからフィニッシュまで、各段階での筋肉や関節の使い方が正しければ、すべてが上手く連動するようになっているのです。

どこかで流れが止まってしまったり、スイングプレーンが狂ってしまうのは、飛ばそうとして無駄な力が入ってしまっているときだと思っていいでしょう。

まずはスイングの入り口、テークバックからすんなりスイングに入れるように練習してみましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

バックスイングは、肩を回す意識よりも胸を右に向ける意識で

カートに追加されました。


×