【超簡単】左足上がり目玉バンカーはこう打つ【1発脱出】
ゴルフスイング

【超簡単】左足上がり目玉バンカーはこう打つ【1発脱出】

0

こんにちは! ライターのあやのです。

今回は左足上がり目玉バンカーショットの簡単な打ち方をご紹介します。

セットアップに気をつければ、やることはシンプルですむので本当におススメです♪

それではいってみよう~!

まずは「かまえ」が大事!

まずは「かまえ」が大事!

バンカーで自分のボールが目玉になってるのを発見したときは、まじか‼︎ ( ̄◇ ̄;)ガーン

ですよね。

でもこの記事を読んだあなたは大丈夫です。

まずは構え方が大事です。

通常、左足上がりのときは上の写真左のように傾斜に沿って軸を傾けて構えますよね?

でも今回は目玉バンカーなので大きなエクスプロージョンでボールを出さなければなりません。

なので、いつも通り足をグリグリした後は、上の写真右のように左肩を下げる意識で構えてみましょう!!

これで簡単に出ちゃうんです(๑˃̵ᴗ˂̵)

フェイスを閉じよう!

フェイスを閉じよう!

フェイスの向きは、通常の目玉バンカーショット同様に、少し被せるようにグリップしましょう。

ポイントはシャフトの付け根(ホーゼル)で打つように振ることです。

そうすると、リーディングエッジから砂へ入っていきやすくなります。

目玉のバンカーショットでバウンスを効かせる必要はないですからね♪

なので、構えたときに上の画像のようにボールがホーゼル付近に来るようにセットアップしましょう。

後は、通常のバンカーショット同様に、下半身や体重移動を使い過ぎず打つだけです(◍ ´꒳` ◍)b

おわりに

トラブルショットを成功させる一番のコツは、セットアップやクラブ選択で工夫して、スイング中にやることをシンプルに簡単にすることです。

参考にお試しくださーい♪

以上、あやのがお届けしました〜✩⃛( ͒ ु•·̫• ू ͒)

質問やメッセージ、こんな記事書いてくださいなど、みなさんの感想お待ちしてます!

わたしのインスタグラムのコメント、DMまでお願いします。では〜。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【超簡単】左足上がり目玉バンカーはこう打つ【1発脱出】

カートに追加されました。


×