届かなければ入らない!ロングパットは大きめに狙おう!

お気に入り
ロングパットの成否は、正確な距離感にかかっています。

カップに対して左右4~5メートルも外すことはあまりないでしょうが、4~5メートルもショートしたり、オーバーすることは結構あるのではないでしょうか?

アマチュアのミスは圧倒的にショートが多い

アマチュアのミスは圧倒的にショートが多い

getty

繊細なタッチが要求されるショートパットの場合ほど、ストロークそのものはそれほど重要ではありません。

手のひらと手首に距離のフィーリングを持たせることです。

データによりますと、アマチュアゴルファーが10メートル以上のロングパットを打つと、ラインにもよりますが、圧倒的にショートする傾向が見られるそうです。

ですから、イメージよりもカップを1メートルオーバーするくらいの気持ちでストロークしたほうがいいでしょう。

ゆっくり滑らせるようなストロークで打つ

ゆっくり滑らせるようなストロークで打つ

getty

ロングパットでストロークする際の注意点としては、パターのソールが決して芝生をこすらないようにすることです。

ボールの手前に注意を集中して、できる限りゆっくり滑るようなストロークをすることです。

ラインを読むには、ボールとカップの間だけでなく、まずグリーン全体の傾斜の具合を見て、自分のパットがその傾斜にどのような影響を受けるかを判断します。

その結果、どのくらいスライス(またはフック)するかを判断して、狙いどころを決めます。

大きく曲がるラインはカップまで3分の2の場所を狙う

大きく曲がるラインはカップまで3分の2の場所を狙う

getty

パッティングする際の方向の目標は、カップではなく、カップ手前に設定します。

曲がりが少ないようであれば、カップ近くの1点を選び、そこに向かってボールを打っていきます。

曲がりが大きくグリーンが速ければ、カップまでの距離の3分の2の辺りを選び、そこをボールが通り過ぎるように打ちます。

ただし、パットは常に自分が選んだ1点に狙いを定めたストレートなパットだと思って打つようにしてください。

キャディさんや同伴者にピンを持ってもらう時は、高いほう(スライスラインなら左側、フックなら右側)に立ってもらいましょう。

そのほうがラインが明確になり、打ちやすいはずです。
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721