【かんたんパター上達法】思うように方向を出すたったひとつのコツ

お気に入り
パターを上手に打つためにはラインを読むことも大切です。

しかし、いくらラインを読めても思惑通りの方向に打てなければ意味がありません。

そこでこの記事では、パターで思ったように方向が出せる、かんたんな方法をご紹介します。

1.フェース面の向きが唯一のポイント

1.フェース面の向きが唯一のポイント

getty

パターでかんたんに方向を出すには、ストロークの方向よりも、打った時のフェース面の向きが鍵となります。

パットでは、ボールとフェースが接する時間は一瞬です。

そのため、ストロークの方向がボールの転がる向きに与える影響は極わずか。ボールはインパクト時にフェース面が向いているほうへ転がります。

・インパクト時にフェース面をどれだけスクエアにしてストロークできるか

これが最も大切なのです。

2.線の入ったボールを使う

View this post on Instagram

Ready to roll. 👊 #TripleTrack #CSX2020

A post shared by Callaway Golf (@callawaygolf) on

「線の入ったボールを使う」というのは、もっともかんたんにパターのフェース面を正しく目標へ向けた打ち方ができる方法です。

元々ラインが入ったボールも市販されていますが、手持ちのボールに油性サインペンなどで線を引いてももちろんOK。

グリーンにボールを戻す際、打ちたい方向へ線を向けてセットしましょう。

ボールに引いた線をターゲットの方向へ合わせ、それをガイドにしてフェースを合わせることで、正しい方向を出すことができるわけです。

3.シャフトをガイドラインにする

正確に方向を出すパターの打ち方でポイントとなるのが、フェース面の向きだというお話をしていますが、例えば2メートルのパットを打つ場合、実はフェース面が1.5度ずれるだけでカップを外れると言われています。

ボールの線を正確にターゲットに合わせるといっても、2メートル先の物に誤差1.5度以内の正確さでラインを合わせるのはかんたんではありませんよね。

そのような場合、パターのシャフトをガイドラインにするのが手軽で確実な方法です。

まず、ターゲットとボールを結ぶラインにシャフトを合わせて置きます。シャフトのラインをガイドにしてボールの線を合わせると、手早く、そして正確に方向を取ることができます。

ただし、スロープレーにならないように注意してくださいね。また、競技では、パッティングのラインにパターが触れると違反となる可能性もあるので注意してください。

4.フェース面を直角に合わせて打ち、ボールを目で追わない

4.フェース面を直角に合わせて打ち、ボールを目で追わない

getty

ボールを正確に置けたら、パターのフェース面をボールの線に対して直角になるよう合わせてアドレスします。1.5度のズレが命取りですから、慎重に合わせます。

アドレスしたら、迷わず打ってください。ストローク中に頭を動かしてしまうと、フェース面がブレてしまうのでNG。

ボールの行方が気になるのはやまやまだと思いますが、目で追わず、打った後もボールをセットした位置に目線を置いたままにするのが、思った通りの方向を出すコツです。

ショートパットならカップインの音を待ち、ロングパットなら一呼吸置いてゆっくりとボールの軌道を確認しましょう。


いかがでしたか?

方向を正確に打てるパターの打ち方のポイントは、フェース面の向き。

これさえ守れば、思った方向にパッティングするのはかなりかんたんになるはずです。ぜひ、参考にしてみてくださいね!
お気に入り
mariko

休日はゴルフ場かディズニーにしかいないですw

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。