ドライバーとアイアンの打ち方は変える?それとも変えない?

getty

ゴルフスイング

ドライバーとアイアンの打ち方は変える?それとも変えない?

0

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

よくドライバーは横振りでアイアンは縦振りがオススメ、なんて言われますよね。

しかし、はたして我々アベレージゴルファーはクラブによって打ち方を変えたほうがいいのでしょうか?

シンプルに考えるべし!

よくドライバーは横振りでアイアンは縦振りがオススメ、なんて言われますが、結論から言うと、我々アベレージゴルファーはクラブによって打ち方を変えないほうがいいと思います。

プロのように練習量が確保できれば別ですが、アベレージゴルファーが番手によって横振りと縦振りを使いわけるのはハッキリ言って難しいです。

むしろドライバーからウェッジまで意識して打ち方は変えずに、同じスイングを心がけたほうがシンプルでわかりやすいですよね。

それに番手によってシャフトの長さや重量が変わってきますから、わざわざスイングを変える意識を持たなくてもスイングは番手によって変わってきます。

ドライバーはシャフトが長く重量が軽いので、ボールから遠い位置でかつ上体がやや起きあがった構えになります。

そうすると自ずとフラットなスイング軌道(横振り)になるはずです。

またショートアイアンだとシャフトが短く重量が重いので、ボールから近い位置でかつ前傾が深い構えになりますら、スイングは縦振りになりやすいわけです。

常に同じスイングを心がけていれば、クラブの長さや構える時のボールの距離によって、番手にあったスイング軌道に変化してくれるのです。

ドライバーは目線をボールの右半分を見る

ドライバーは目線をボールの右半分を見る

ドライバーとアイアンで打ち方を変えない代わりに、スイング中のボールを見る位置を変えてみましょう。

ドライバーショットは緩やかなアッパー軌道でボールをインパクトするのが理想です。

ですので、スイング中は後方からボールの右半分をぼんやり見るようにしながら打つようにすれば、特に打ち方を変えなくても、やや横振りのドライバーに適したスイング軌道になります。

場合によっては、ボールを直接見ずにボールの手前に仮想のボールがあるつもりで、そこを見ながらスイングしてもいいかもしれませんよ。

アイアンはボールを真上から見下ろす

アイアンはボールを真上から見下ろす

いっぽうアイアンの場合は、ハンドファーストに構えてダウンブローでボールをとらえるのが理想です。

アイアンの場合も、ボールを見る位置を工夫すれば、意識してスイングを変える必要はありません。

アイアンショットを打つときはボールを真上から見下ろすようにしましょう。

ボールの真ん中かボールの前方をぼんやり見ながらスイングすれば、クラブは縦の軌道でボールをとらえやすくなりますので、ダウンブローで打ち込みやすくなるはずです(ドライバーのように後方からボールを見ると煽り打ちになり、ダウンブローに打ち込めません)。

このようにボールを見る目線を変えれば、スイングを意識して変えなくてもアッパースイング(横振り)とダウンブロースイング(縦振り)を打ち分けられます。

興味がある方はぜひ試してみてください!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ドライバーとアイアンの打ち方は変える?それとも変えない?

カートに追加されました。


×