ティーショットは直線的に狙う?それとも対角線に狙う?

お気に入り
アマチュアゴルファーの大半がスライサーです。

どれだけ曲がるか本人でもわからないので、どんなに曲がってもいいように、ティーグラウンドの右端からフェアウェイの左に向かって打つという人も多いでしょうね。

これって、本当にセオリーなんでしょうか?

左を向けば、逆にスライスを打たなければいけない

左を向けば、逆にスライスを打たなければいけない

getty

ティーグラウンドの右からフェアウェイの左へ対角線に狙うと、大きくスライスしても右の危険ゾーンまでは行かず、フェアウェイを広く使えるというのが、スライサーのためのレッスンの定番ですよね。

しかし、そのラインで打ち出し、真っすぐ突き抜けると左の危険ゾーンまで行ってしまいます。

ということは、「スライスを打たなければいけない」と脳に指令を出していることになります。

スライスを直したいなら、対角線に打たない

スライスを直したいなら、対角線に打たない

getty

もし、あなたが普段練習場でスライスを直そうとしているならば、このようにスライスを前提とする考え方はやめるべきではないでしょうか。

なんのために日頃練習に励んでいるのかを考えてみてください。

練習場でスライスを一生懸命直そうとしている努力が無駄になってしまいます。

ティーグラウンドの左端から打つ

ティーグラウンドの左端から打つ

getty

そこでティーグラウンドの左からフェアウェイの左を真っすぐ狙ってみてはどうでしょう。

ある程度スライスしても、右の広さは十分です。

なにより「真っすぐ打ってもいい」許可を自分に与えることになるのです。

また、コース攻略の考え方やフィーリングをつかむためにも、ティーグラウンドからグリーンまでの「直線感覚」を持つことは、大きな意味があります。

景色に対して左を向くと、脳みそが違和感を感じて、アドレスに対して真っすぐスイングすることが難しくなります。

だったら、ティーグラウンドの左端に立って、ホールに対して平行にアドレスし、フェアウェイ左端を狙って打てば、真っすぐ行ってもOK、多少スライスしてもOK、というわけです。

スライスに悩む方は、ぜひ参考にしてください。
お気に入り
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721