アドレスでしっくりこなかったら、面倒くさがらずに仕切り直そう!

お気に入り
アドレスが何となく気持ち悪い、セットアップがすんなり決まらないという時があります。

「あれっ、右を向いてるのかな?」「左を向き過ぎているような……」などと思ったら、それは体が合図を送っているのです。

間違ったアドレスを体のセンサーが反応する

間違ったアドレスを体のセンサーが反応する

getty

なんとなくアドレスがしっくりこないという時は、そのアドレスでは危険ですよと、体が知らせている時なのです。

アマチュアゴルファーの多くの人が打った後、「アドレスがおかしかった」と言いますよね。

だったら、アドレスをやり直すべきだったのです。

せっかく体のセンサーが危険を予知しているのですから、もう一度仕切り直しを面倒くさがらずにする習慣を付けたほうがいいでしょう。

セットアップをイチからやり直す

セットアップをイチからやり直す

getty

アドレスを解くだけではなく、セットアップをイチからやり直します。

ボールの位置ということもありますが、目標ラインの取り方がまずいために結果としてボールの位置も狂ってしまうということのほうが多いのです。

また、立ち(アドレスし)やすいホールやコース、反対に立ち(アドレスし)にくいホールというのもあります。

これはホールロケーションや周囲の景色、距離などの視覚から得る情報に体のセンサーが反応しているのです。

向きが悪いと、体は余計な動きをする

向きが悪いと、体は余計な動きをする

getty

立ちにくさ、違和感を感じても面倒くさいからそのまま打ってしまうという人が多いですが、そうするとどんどん体のセンサーが鈍くなってきます。

体の向きが悪いと、必ず体は余計な動きをするものなのです。

立ち方のミスでスイングを悪くすることもよくありますので、アドレスでイヤな感じがしたら、最初からやり直すことを勧めます。

たったこれだけで、意外とミスショットが減るものですよ。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >