握る長さを変えるだけでダフリ、トップがなくなるってホント?

こんにちは宮下芳雄です。

今回はゴルフコーチらしく初めてウェブレッスン!

日頃からGridgeをご覧いただいているゴルファーさんに少しでも参考なればと思っています。

そこで今回は「【初心者でも簡単】アプローチ簡単調整方法」の紹介です。

じつはグリップを握る長さを変えるだけでダフリ、トップを予防することができるんです。

ではご覧ください。

ダフリのミスを予防するには?

ダフリのミスを予防するには?
ダフリのミスが多いゴルファーさんは、グリップを短く握りましょう。

これによりクラブが地面に突き刺さりにくくなり、さらにソールが芝生の上を滑りやすくなる効果があります。

ダフリのミスが多いゴルファーにはとても効果的な方法です。

クラブを振る動作を変えないので、ゴルフキャリアの短い初心者の方にも不安なく挑戦していただけるはずです。

トップのミスを予防するには?

トップのミスを予防するには?
反対にトップのミスが多いゴルファーさんはグリップを長く握ってください。

このことに違和感を感じる方が多くいるかもしれませんね!

一般的にアプローチショットではグリップを短く握ることが良いとされているからです。

じつはトップのミスが出やすいゴルファーさんがグリップを短く握り過ぎると、さらにトップのミスが出やすくなるのです。

初心者でも簡単です!

初心者でも簡単です!
握る長さを変えてミスを予防するこの方法は、とても簡単!

とくにゴルフのキャリアが短い方、初心者にお勧めです。

圧倒的な矯正効果を体感することができるはずです。

私がJGMセベバレステロスGCで行っているコースレッスンでも多くのお客様が握る長さを変えることで結果を出しています。

次はみなさんの番です。

スコアメイクの要であるアプローチショットを成功させベストスコアに挑戦してくださいね。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >