ラウンドでドライバーショットを成功させる3つのコツ!

お気に入り
こんにちは。

kengolfです。

今回はラウンドでドライバーショットを成功させるコツについて書いてみたいと思います。

あくまでアマチュアゴルファーの心がけ? なのですが、コースでドライバーのOBが多いという方は、参考にしてみてくださいね。

皆さんの参考になれば幸いです。

最初は軽く振る♪

最初は軽く振る♪

getty

ラウンドスタートから開始数ホールは、いつもの7割くらいの力感でスイングしましょう。

この時大事なのは、7割といえどもフィニッシュまで振り切ることを意識することです。

コースでスイングすると、どうしても練習場より力みやすく、早く振りがちです。

ホールを重ねるごとに疲れから、早く振りがちになります。

自分がショットする前に軽めの素振りを繰り返したり、ゆったりとしたリズムを意識するとより効果的です。

深呼吸でリラックス♪

深呼吸でリラックス♪

getty

たくさんの人が集まるコンペや、ティーグラウンドで知らない人に見られていると、緊張が高まります。

私も人混みが得意ではないのですが、コースで緊張をほぐす手っ取り早い手段が、深呼吸です。

3秒くらいかけて息を吸い、1秒止めて、5秒くらい長く息を吐く。

この時、おなかのおへそあたりに意識を集中すると、緊張や力みがだいぶ緩和されます。

ミスショットを打ってしまった後や、3パットしてしまった後なども、平常心を取り戻すのに有効なのでおススメです♪

目標に意識を集中する♪

目標に意識を集中する♪

getty

だいたいのゴルフ場で、ショートホール(パー3)以外は、ティーショットの目印となるマークがありますよね(220~230ヤード付近にあるポールや黄色い旗などです)。

多くの人はその周辺を目標にショットを放つわけです。

目印の黄色い旗の右に打つと決めたら、目印に向けて、アドレスを取り、集中します。

その時、スイングは振り切ることに集中します。

インパクトまでのボールを打つことに気を取られ過ぎないように、打ちたい目印に向かって意識を集中します。

いいショットをするよりも、打ちたい方向に向けて意識を集中し、振り切る。

意外とこれでナイスショットが出たりします。

この意識の変化で、トライすることで少しずつOBが減ってきた気がします。

皆さんの参考になれば幸いです♪
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >