今日は絶対にOBは打たないゾ!!でしたらコレを実践してみてください♪

お気に入り
こんにちは♪

我々アベレージゴルファーがスコアを崩す大きな原因……それはOB。

「あーあ、今日OBがなけりゃなあ」ラウンド後のそんな会話が、周りからよく聞こえてきます(笑)。

確かにスコアの形成にはアプローチ・パターが重要なのはよくわかります。

しかし、OBを打っていたのではせっかくのアプローチ・パターも宝の持ち腐れ。ゴルフも楽しくありませんよね。

もしあなたが、いつもOBでスコアを崩していると感じているのなら、コレを実践してみてください!

意識をOBゾーンではなく「打ちたい方向」に向ける

意識をOBゾーンではなく「打ちたい方向」に向ける

getty

ゴルフって不思議なもので、「OBイヤだなあ」と考えれば考えるほど、OBゾーンにボールが行くし、「池に入れたくない!」と強く思うと、逆に入るんですよね。

結構思い当たる節のある方は多いと思います。

これは、OBや池といった「行ってほしくない場所」を見過ぎた結果、意識が強くそちらに向いてしまった結果だと思われます。

この場合、意識すべきはOBではなく、「打ちたい方向」です。

ネガティブな方向にばかり意識を向けず、「ここに打つ!」というポジティブな方向に意識を向けましょう。

そんなことを言っても、正直なところOBを意識から完全に消すのは難しいです。いくら前向きに考えても、すべてを消し去るのは不可能かもしれません。

そんな時は、心の中で3回「ここに打つ、ここに打つ、ここに打つ」と唱えてから、すぐに打ってください。

自己暗示の世界ですが、これで少しはOBゾーンから「打ちたい方向」へ意識が移るでしょう。

打ちたい方向に「真っすぐ」に構える

打ちたい方向に「真っすぐ」に構える

getty

例えば右サイドがOBのホールがあるとしましょう。

自分はスライスが持ち球として、よくある教えが、「ティーインググラウンドの右端にティーアップをして、フェアウェイの左端を狙って斜めに構える」というもの。

果たしてこれは正解なのでしょうか?

これはあくまで「どこにティーアップしてもいつものスイングができる人」に対する教えです。

こういう人(=上級者やプロ)は、いつものスイングで狙い通りのスライスボールで、フェアウェイ中央に戻してこられるでしょう。

しかし、スイングが未熟な我々アベレージゴルファーだとどうなるでしょうか?

このまま打つと「左へ突き抜けてしまう」と脳は考え、左に向きながら「無意識に」フェアウェイ中央に打ち出してしまいます。

いわゆる「プッシュアウト」の状態です。

そして、持ち球はスライスですから「プッシュアウト・スライス」のボールとなり、右のOBへと消えていきます。

この場合は、左端にティーアップをして、フェアウェイの左を狙うのが正解です。

スライスが掛からなくてもフェアウェイ左サイドですし、いつものようにスライスが掛かってもOBゾーンまで曲がることはないでしょう。

あとは勇気を持って振り抜くのみ!!

あとは勇気を持って振り抜くのみ!!

getty

ここまでセットアップできたら、あとは勇気を持って振り抜くのみです!

フィニッシュで右肩が打ちたい方向に向くまで振り抜いてやりましょう。

しっかりと振り抜けば振り抜けるほど、ボールは曲がりません。反対に、体を回さずに腕だけで合わせるほど、ボールは曲がります。

このことをしっかり自分に言い聞かせて、ゆったりと体を回して最後まで振り切りましょう!!

目指せ! OBゼロ!! 頑張りましょう♪
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >