フェアウェイウッドでのアプローチは寄ります!使えます!!

お気に入り
こんにちは♪

アプローチといえばサンドウェッジ!? いやいや、フェアウェイウッドだって意外とアプローチで役に立つんです!

「使わず嫌い」のそこのあなた!! こんなお助けクラブ、使わなきゃ大損ですよ!!

例えば砲台グリーン脇の、打ち上げのアプローチ

例えば砲台グリーン脇の、打ち上げのアプローチ
写真がちょっとわかりにくいかも知れないので、状況の説明から。

グリーンエッジからピンまで約5ヤードです。

しかし砲台グリーンから下にこぼれてしまい、約1メートルほどの高さの土手を越えていかなければなりません。

ここからグリーンエッジまで約10ヤードです。

初心者やアベレージゴルファーにとって、この状況はかなりの難度です。

エッジから距離がないので、高さを出したロブショットか、土手にワンクッション入れて寄せるかのどちらかです。

しかしウェッジで上げようとして、ダフリかトップ。土手に当てようとするも、高さが出過ぎてキャリーでピンをオーバー。

そんなミスが起こる確率が高い状況です。

ここでフェアウェイウッドの出番です!!

ここでフェアウェイウッドの出番です!!
アプローチとしてフェアウェイウッドを選ぶ理由は2つです。

1.ダフリ・トップのミスがほぼない。
2.ボールが上がらないので、100パーセント土手にクッションを入れることができる。

けっこうしっかりと打っても、土手の斜面が吸収してくれるので、ボールがピンの近くに行く頃にはトロトロとしたスピードになっています。

なのでグリーン面には残ってくれる可能性が高いです。

けっこう寄ってるでしょ?

けっこう寄ってるでしょ?
10球ほど打ちましたが、けっこう寄ってると思いませんか?

普段あまりこの状況は練習していませんが、たまの練習でもこれだけ寄るんですから、クラブ選択が大正解ということです。

ウェッジでアプローチをしていたら……考えただけでゾッとします(笑)。

ディボット跡にも効果絶大!

ディボット跡にも効果絶大!
他にも、こんなディボット跡でも効果を発揮!

ウェッジだと、ほぼダフリ確定のこの状況。

でも、フェアウェイウッドなら楽チン♪ 転がして寄せちゃいましょう!

ボールの手前に長い草が!!

ボールの手前に長い草が!!
逆目のラフでよくあるこんなシチュエーション。

これもウェッジだと……チャックリ? それとも飛び過ぎる?

でもフェアウェイウッドなら、手前の長い草なんかお構いなしです♪

距離感は何回か練習してつかんでくださいね♪

距離感は何回か練習してつかんでくださいね♪
フェアウェイウッドのアプローチ、いかがでしたか?

このように、悪い状況でこそ威力を発揮してくれるお助けクラブなんです!

「使わず嫌い」にならず、困った状況でぜひ一度使ってみてください。

打ち方はとても簡単! 思いっきり短く持ち(シャフトギリギリ、もしくはシャフトを握っても構いません)、パターのように肩でストロークするだけ!!

ちなみに距離感は、何度か事前に練習してつかんでおくことをオススメします♪
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >