【スライス撲滅シリーズ】トップ編

getty

ゴルフで100を切りたいと思っていてもなかなか達成できない・・・。

初心者からは
・球が捕まらない
・スライスでOBになってしまう
という悩みをよく聞きます。

スライスに関する悩みが多いことを証明するように初心者用のクラブは球をつかまえやすいように設計されています。

グリップ編、トップ編、スイング編に分けて上級者のようなつかまったドローボールが打てるようになる方法をご紹介します。

第2回はトップ編です。

フェースが開くとつかまらない

単にスライスと言っても右方向に出て、さらに右に曲がっているプッシュスライスと、出だしは左方向に出て右に曲がっていくプルスライスがあります。

多くの初心者の方は前者のプッシュスライスで悩まれています。

フェースが開いてボールを打っているためプッシュスライスが出るわけですが、インパクト時にフェースを閉じることができれば、ボールがつかまり大きく右方向へ飛び出す危険性は少なくなります。

スライスに悩んでいる人のトップ

スライスで悩んでいる方に多いのが写真のようなトップです。

トップで左手首が折れていますね。このトップではボールのところへクラブが戻ってきた時にはフェースが開いてしまいボールが右方向へ飛んでいきます。

インパクト時にフェースをスクエアか、若干クローズ気味にするにはシャットフェースなトップを作りましょう。

シャットフェースの作り方

シャットフェースのトップのお手本といえば宮里藍選手です。

トップでシャットフェースにするには、トップの位置で左手の甲が上を向くように伸ばしましょう。

そのままクラブを振り下ろせば自然とクラブフェースがいつもよりも閉じた状態でボールをとらえることができます。

個人差はありますが、人によってはシャットフェースにするだけで、スライスボールがつかまったドローボールに変わる場合もあります。

まとめ

大きく曲がるスライスボールには初心者ゴルファーのほとんどが悩みます。

その悩みを解決させていただくために、グリップ編、スイング編、トップ編に分けて書かせていただきました。

ぜひ参考にしてみてください!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【スライス撲滅シリーズ】トップ編

カートに追加されました。


×