【スライス撲滅シリーズ】グリップ編

getty

ゴルフスイング

【スライス撲滅シリーズ】グリップ編

0

ゴルフで100を切りたいと思っていてもなかなか達成できない・・・。

初心者からは

・球がつかまらない
・スライスでOBになってしまう

という悩みをよく聞きます。

スライスに関する悩みが多いことを証明するように、初心者用のクラブは球をつかまえやすく設計されています。

グリップ編、トップ編、スイング編に分けて上級者のようなつかまったドローボールが打てるようになる方法をご紹介します。

第一回はグリップ編です。

握り方は3種類

まずはゴルフクラブの握り方です。

ゴルフクラブの握り方には、向きに関しては大きく3種類に分類されます。

・ストロンググリップ(イラスト左)
・スクエアグリップ(ニュートラルグリップ、イラスト中央)
・ウィークグリップ(イラスト右)

スライスで悩んでいる方は、ストロンググリップでクラブを握りましょう。

ストロンググリップでスライスが改善する理由

ストロンググリップで握ることで、手首の返しが自然と働くようになります。

シャフトにはトルク(捻じれ)の力がありますが、そのトルクを手首でも加えてあげるようなイメージです。

トルクが効くということは、ボールをつかまえる力が強くなります。

よって、スライスが軽減したり、人によってはグリップだけでドローボールが打てるようになったり!!

ストロンググリップの握り方

自然とゴルフクラブを握った場合はスクエアグリップだと思います。

右手はそのまま動かさず、左手のゴルフグローブのマークが正面に見えるように、少し左手をひねって握りましょう。これがストロンググリップです。

少し手首をかぶせて握るのが、ストロンググリップ。グローブマークが見えるようになってますよね!

グリップだけで憧れのドローボロールが打てるかも!?

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【スライス撲滅シリーズ】グリップ編

カートに追加されました。


×