プロのようなスピンの効いたボールが打ちたい!

お気に入り
グリーン上でキュキュッとスピンが効いて止まるボール!

そんなプロのショット、見ていて憧れますよね。

でも、どうやったらスピンってかけられるのでしょう?

ここでは、バックスピンのかけ方をご紹介していきます。

インパクトの質が重要!

バックスピンは、インパクトの瞬間、クラブフェースとゴルフボールが一瞬接触した際に起こる摩擦によって生まれます。

この摩擦を最適にするには、クラブフェースについている溝の下から数えて2~3本目でとらえることと言われています。

ヘッドスピードが速いほど、この摩擦の力が強くなるので、バックスピンがかかりやすくなります。

まず最初の条件としては、アイアンの芯で打つということ、ヘッドをインパクトまで加速させることが重要と言えます。


ミシェル・ウィー選手の強烈なライン出しショットの動画です↓

ダウンブローで打つこと!

ダウンブローとは、ゴルフスイングでクラブヘッドが最下点に達する前、ヘッドが下降を続けている途中でボールをとらえることを言います。

こう書くと誤解されがちなのですが、実際の入射角度は意外と緩やかで、ボールを真横から打つよりも、若干上からボールをとらえるイメージです。

そうすると、ボールの前方の芝を薄く長く削るスイングになります。

決して、上から急な入射角度で叩きつけるのとは違います。

では、スピンをかけるには、なぜダウンブローが良いのでしょうか?

ひとつは、ボールをフェース面で上から下にこすることでバックスピンがかかるから。

どのくらいの差が出るかは一概には言えませんが、ダウンブローのほうがレベルブロー(横から払うような打ち方)よりも物理的にスピンがかかりやすくなります。

もうひとつは、芝の上に止まっているボールを打つときに、ボールとクラブフェースの間に芝が入るのを最小限にできるからです。

ボールとクラブフェースの間に芝が入ると、スピン量が減ってしまう要因となります。


ダウンブロー動画はこちら↓

ハンドファーストインパクトが重要!

ダウンブローでインパクトを迎えるには、ハンドファーストインパクトが重要になります。

ハンドファーストインパクトとは、インパクトの際、手の位置がクラブヘッドやボールの位置よりも左サイドになっていることです(右打ちの場合)。

そうすることで、スイングの最下点の手前でボールをとらえられるようになります。

よく、「アドレスしたところに戻ってくればいい!」と言う人がいますが、それは間違いです。

アドレスの位置にクラブが戻ってきたら、それはダフリです。

身体全体が、アドレスの位置よりも少し左サイドにずれることにより、ダウンブローで打てるようになります。

それを可能にするのが上の画像のような、左サイドにグッと体重が乗った切り返し以降の動きです。

左サイドに体重が移動することで、クラブの最下点がアドレス時よりも左(飛球方向)に移動するため、ダフらないのです。

つまり、体重移動は、飛距離を出すことはもちろん、ダフらないインパクトのためにも必要なのです。

道具も重要!

実は、スピンの効いたボールを打つのに、スイングと同じくらい大事になってくるのがボールとクラブです。

スピンのかかりやすいボールを使うことで、同じスイングで打ったとしても、スピン量は格段に変わってきます。

どんなに良いスイングで打ったとしても、スピンがかかりにくいボールでは、そのスピン量は格段に減ってしまいます。

ボールのカバー素材にウレタン系の素材が使われているボールが、いわゆる“スピン系”と呼ばれる、スピンのかかりやすいボールです。

ほとんどのプロが使用するボールのため、ツアーボールとも呼ばれています。

ボールの化粧箱の裏などを見て確認してください。

また、クラブも同じです。

一般的には、重心位置が高いクラブのほうがスピンがかかりやすく、マッスルバックやセミキャビティアイアンと呼ばれる、中上級者が使用するクラブのほうがスピンがかかりやすくなっており、キャビティアイアンと呼ばれるアイアンは、低重心でスピンがかかりにくくなっています。

同じ番手でもロフト角が大きい(寝ている)クラブほどスピンがかかりやすくなります。

また、最新のクラブは、フェース面の加工技術の発達により、スピン性能がかなり上がっています。

スピン性能の高いボールとクラブは、スイングの技術をかなりカバーしてくれます。

プロのようなバックスピンには憧れますが、実際にできるようになるのは簡単ではありません。

でも、グリーン上をキュキュッとかっこ良くバックスピンさせてみたいですよね!

最近のゴルフ用品は、バックスピンのかけやすいボールやアイアンも販売されていますので、この際揃える道具を見直すのも良いかもしれません。

そして後は、ただただ練習あるのみです。

皆様もあきらめずに挑戦を続けてみましょう!
お気に入り
オオカミ

ギア好きな40代メタボ気味なおっさんです。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。