【100切りを目指す人へ!】パッティングでは5ヤード・7ヤード・10ヤードの距離感を出す!

お気に入り
皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

今回は久しぶりにパットに関する記事を!

スコア100切りを目指したり、安定して90台で回ることを目標にしている皆さん、まずは5ヤード・7ヤード・10ヤードの距離感を出せるようにしてください。

ショートパットやロングパットは後回しにしてもかまいませんから!

『基本2パット、たまに3パット』のためには……

『基本2パット、たまに3パット』のためには……

getty

ゴルフのスコアメイクの重要な要素であるパッティング。

グリーン上でカップの周りを行ったり来たりで、3パットや4パットを連発しているようでは、スコアはいつまでたっても良くなりませんよね。

100切り(スコア90台)のスコアで回るためには、パッティングは基本2パットでたまに3パットが出てしまう、くらいにはしたいところです。

「パッティングが苦手だ」「距離感を磨きたい」とお悩みの方は、ショートパットやロングパットは後回しにして、とにかく5ヤード・7ヤード・10ヤードの距離感を出せるように練習することをオススメしますよ(私の場合は1歩=1ヤードなのでヤード単位ですが、しっくりこないならメートル単位やご自分の歩数単位に置き換えても構わないと思います)。

ラウンド中って5~10ヤードくらいのパットを打つことが多くないですか?

ラウンド中って5~10ヤードくらいのパットを打つことが多くないですか?

getty

どうして5~10ヤードの距離感を優先するのか。

それは単純にこの5~10ヤードくらいのパットをラウンド中に打つことが多いからです。

失礼を承知で言わせてもらえば、アイアンショットにしろアプローチにしろ、カップから5ヤード以内にボールが止まることより、5ヤード~10ヤードくらいに止まることのほうが明らかに多いはずです。

パット数を少しでも減らしたかったら、まずは一番打つことが多い距離をしっかり誤差なく打てるようにするのが早道でしょ? (^-^)v

まずはピンから5ヤードの距離感から練習しましょう。

そして次に倍の距離である10ヤードの距離感を作っていきます。

5ヤードと10ヤードの距離感がある程度つかめたら最後に中間の7ヤードの距離感を出していきます。

この5~10ヤードのパットが常にカップから半径1メートルの円の中に収まるように打てるようになれば、ラウンドで1ホールあたり2パット以内に収まる確率が格段に上がるはずです!

もし5~10ヤードの距離感が出せてさらに余裕があるようなら、15ヤードくらいのロングパットの距離感を出すことにもチャレンジしてみてください。

ショートパットを後回しにする理由は?

ショートパットを後回しにする理由は?

getty

「ところでショートパットはどうするの?」という声が聞こえてきそうですね。

確かにそうですよねー。

ショートパットは確かに大事です。

私も個人的にはパット数を減らすのに一番重要なのは1~3ヤードくらいのパットをどれだけ1パットで沈めていけるかだとも思います。

ただそれは1ラウンドでの平均パット数を2.0以下で抑えていく必要がある場合、つまりスコア80台でのラウンドを目指すくらいのレベルでの話。

100切りを目指すくらいのレベルであれば、5メートル以下のファーストパットを打つ可能性はかなり低いわけです。

もし打つとしたら、それはアプローチがかなり近くに寄ったか、キレッキレのアイアンショットでピンに絡んだという状況です。

そんなパットを打つ時というのはかなり緊張する場面なわけで、日頃にどれだけショートパットを練習していても、本番ではミスをする可能性はかなり高くなりやすいのです。

それに5~10ヤードのパットの距離感が合うようになっていたら、カップインの確率が格段に上がる1.5ヤード以下のパットは増えても、1.5~3ヤードくらいの厄介なショートパットを打つ回数はかなり減っているはずです!

ですから緊張度が高く奥が深いショートパットよりも、5~10ヤードのパッティングの距離感を磨くことを優先することがスコア100切りへの最短ルートだと、私は思います!

というわけで今回はこのへんで。

それでは、また!
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516