アプローチ上達のコツは『加速し続けながら』インパクト!

お気に入り
皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

アマチュアにとってスコアアップのカギはなんといってもアプローチ!

そうなんです、わかっているんですけどミスしちゃうんですよねー。

アプローチを打つ時のスイング中の力加減がどうにも……って、ちょっと待ったー!!

アプローチはスイング中に『加減』するのではなく、『加速』させるのが正解!

これを理解できていないと、いつまでたってもアプローチの苦手克服はできないかもです。

ミスの元凶はスイング中の『加減』にあり!

ミスの元凶はスイング中の『加減』にあり!

getty

惜しくもパーオンはできなかったけど何とかグリーンそばまでボールを運び、次を上手く打てればボギー、いや寄せワンでパー……なんて考えながらアプローチを打った時にザックリやトップのミスが出てしまうと、ホントにガッカリしますよね。

では、こういったアプローチのミスはどうして起こってしまうのでしょうか……。

当然ですがアプローチでフルショットをすることはありません。

ボールの落としどころと球筋をイメージし、力を加減して打つ必要があります。

ただここでやってはいけないのは、スイング中に力の加減を調整すること。

ボールを浮かせたり距離を合わせるのに、スイングの途中でスピードを調整しようとするから、インパクトで緩みが生じやすくなり、アプローチが失敗するわけです。

アプローチが上手な人はスイングが『加速し続けて』インパクトを迎える!

アプローチが上手な人はスイングが『加速し続けて』インパクトを迎える!

getty

いっぽうアプローチが上手い人は、スイング中に緩むことがありません。

いや、むしろでインパクトの時も『加速し続けて』います。

それは柔らかい球やロブショットを打つ時であっても同じです。

基本的にゴルフにおける距離の打ち分けは、クラブ選択とスイングの大きさ、そして始動からのスイングのスピードで調節するんです。

そう、力加減(スイングの大きさやスイングスピード)は打つ前に決めてしまうものであり、スイング中に調整するものではありません。

ボールをふわっと上げたいのであれば、インパクト前(スイングの途中)でスイングスピードを調整するのではなく、スイングの始動からスイングスピードをゆっくりにするのが正解なのです。

『加速』は車の運転のアクセルを踏み込む要領で!

『加速』は車の運転のアクセルを踏み込む要領で!

getty

スイング中に加速し続けるからといって、インパクトの直前に急にスイングスピードを上げるのはこれまたNGです(これもスイング中に力加減を調整していることになりますから。ゴルフって難しいですよね)。

それではスイング中にインパクトまで『加速し続ける』というのはどういうことなんでしょうか。

私が一番近い感覚だと思うのは車の運転におけるアクセルの踏み込みです。

停車した状態から車を発進させて、40キロ/時くらいまど徐々にスピードを上げていく時のアクセルの踏み込み具合いを思い出してください。

発進させてすぐにアクセルを強く踏み込んでから調整なんてしませんよね。

ほぼ一定の力加減でアクセルを踏み続ければ、徐々にスピードが増して40キロ/時に到達します。

これと同様に、アプローチでのスイングも打つ前に決めたスイングスピードをフォローまで一定に保つつもりで打つことができれば、クラブを『加速し続け』たままインパクトができているはずですよ。

というわけで今回はこのへんで。

それでは、また!
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >