フィニッシュで静止できればナイスショットの証!

お気に入り
ダウンスイングからフォロースルーにかけて、バランスの悪いスイングをしていると、フィニッシュもバラバラですよね。

多くのアマチュアゴルファーは、フィニッシュでヨロけるほど力一杯振り回しています。

逆にフィニッシュがしっかり収まっていると、インパクトゾーンでの動きがいいことが多いですね。

ボールが落ちるまでフィニッシュの体勢を取る

ボールが落ちるまでフィニッシュの体勢を取る

getty

フィニッシュがバラバラなアマチュアゴルファーは、打ち終わった後、いいショットでも悪いショットでもボールが地面に落ちるまで、フィニッシュの体勢でボールを見続けてみましょう。

それだけでスイング全体のバランスが良くなってくるはずです。

3回素振りをして打ってみましょう

3回素振りをして打ってみましょう

getty

素振りではビギナーでも上級者でも、レベルに関係なくフィニッシュでしっかり静止させることができます。

しかし、実際にボールを目の前にすると力が入ったりして、途端にバランスを崩してしまいます。

そこで打つ前に3回素振りをしてみましょう。

すると、素振りでイメージしたフィニッシュに近いスイングができるはずです。

それでもフィニッシュでしっかり静止できない時は、素振りとの違いを感じ、できるだけ素振りに近づくようにイメージしましょう。

※スロープレイに注意!

理想のフィニッシュの4つのポイント

理想のフィニッシュの4つのポイント

getty

打ちたい球筋によってフィニッシュの形は変わりますが、理想のフィニッシュの形というものがあります。

1.おへそが目標方向を向いている
2.全体重が左足に乗っている
3.右足はつま先立ちで支えている程度
4.シャフトが首の後ろに巻きつく

この4つの形ができていれば、パーフェクトなフィニッシュと言えます。

インパクト後の動きは惰性的な部分が強くなります。

しかし、フィニッシュまで振り切るイメージは、しっかり持ちましょう。

まずはフィニッシュで静止する習慣を付けてみてください。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516