クラブヘッドの重さを感じるアドレスがナイスショットを約束する!

お気に入り
よく「クラブヘッドの重さを感じてスイングしろ」というアドバイスを聞きますよね。

確かに、クラブヘッドの重みを感じながらスイングできれば、力みのないスイングが実現します。

どうすれば力みをなくして、クラブヘッドの重量を感じることができるのでしょうか。

地面にクラブヘッドを押し付けない

地面にクラブヘッドを押し付けない

getty

力みのないスイングの第一歩とも言えるのが、アドレスでクラブヘッドの重量を感じることです。

プロゴルファーのアドレスを観察していると、アドレスでクラブヘッドを浮かせたままテークバックしていく人をよく見ます。

これは腕や肩に力が入っておらず、クラブヘッドの重さを確認してからスイングに入っているからなのです。

地面にギュッとクラブヘッドを押し付けているアドレスでは、とてもクラブヘッドの重さは実感できません。

そのようなゴルファーは、一度クラブヘッドを浮かせた構えをしてみませんか。

きっとクラブヘッドの重量をより感じることができるはずです。

両足の裏に意識を集中させる

両足の裏に意識を集中させる

getty

また「下半身はドッシリ、上半身はリラックス」といったアドレスを実現するのも力み解消には効果的です。

アドレスに入ったら、両足の裏に意識を集中させることや、つま先とかかとに交互に体重をかけることを繰り返して下半身に意識を集めると、自然に上半身の力みは消えていきます。

大きく深呼吸をすると力が抜ける

大きく深呼吸をすると力が抜ける

getty

両足10本の指をスパイクの中でギュッと立てて地面をつかむようにしているプロゴルファーもいます。

それもひとつの力み解消法でしょう。

呼吸法に工夫を凝らしているプロも多くいます。

アドレスに入ったら、鼻で大きく吸い込み、口からフーッと息を吐くと、上体の力みが抜けていくのがわかります。

息を吐き切ってからスイングをスタートしてみてください。

いずれかの方法で力みが取れれば、きっとクラブヘッドの重量を感じることができるはずです。
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019